憑依について

こんにちは、ミエナです。

今回は、「憑依について」書いていきます。

ミエナの個人セッションでは、無料オプションとして「取り憑かれているかを霊視します」というサービスを実施しています。

「憑依はありません」とお伝えされていただいた方は、ご安心ください。霊的な存在によって悪影響を受けることはありません。

ただ、「憑依があります」とお伝えした方へは、この記事を通じて「憑依について」ご理解いただきたいです。

「憑依がある = すごく悪い状態」ではありません

多くの人は、これまでの人生において「あなたは、霊に取り憑かれています」と言われた経験が、ほとんどないでしょう。

だからこそ、「取り憑かれている」というワードにすごく恐怖を感じてしまうかも知れません。

でも、この「憑依」とはピンキリです。

病気に例えると分かりやすいのですが…
病気は、単なる風邪からガンなどの大病まで大きく幅がありますよね。たとえ、医者から「あなたは病気です」と診断されても、それが風邪なら、何も怯える必要もありませんよね。

憑依も同じで、ほとんどの場合、単なる弱い幽霊が憑いている場合がほとんどです。多くの霊は、テレビや映画で登場するゴーストのように「あなたを呪い殺そう」などとは思っていません。大抵の場合、さみしがり屋の霊が、あなたの優しさに甘んじて付いてきてしまうパターンが多いのです。

ただ、たまに人生に大きな影響を及ぼすような悪霊が取り憑くケースもありますので、霊視による憑依の診断を健康診断のように使っていただければ幸いです。

憑依霊の「波動の数値」と症状

無料オプション「取り憑かれているかを霊視します」を申し込んだ方で、「憑依あり」の方には、霊による悪影響度が大きいか小さいかが分かるのです。

ミエナ
「人の波動」と「霊の波動」を比べると、霊の方がよりマイナス方向に大きく波動が低いことに気付くでしょう。(参考:人の波動数値について)霊は、肉体がないために、波動の幅が開きやすい(一定幅に集約しない)のです。

霊の波動:0〜 −100

もはやペットの領域です。霊の側としても、あなたをお友達やパートナーと考えています。

あなたに危害を加えることはありませんし、取り憑いていても自身のメンタルにさほど大きな影響をもたらしません。

このような霊は、除霊すると逆に、ご自身の孤独感が増してしまうこともあり、無理に除霊する存在でもないように感じます。

ミエナ
この波動域の霊は、自分と相性が良くないと憑依されません。なので、憑依されること自体が稀です。

霊の波動:−100〜 −400

憑依されている方の多くが、この波動領域の霊によって憑依されています。長年、成仏したくともできない不幸な霊です。

可哀想な亡くなり方をした人の魂であり、大きな悔いが残り、この世を彷徨います。

  • 子どもを死なせてしまった人の霊
  • 家族を目の前で殺された人の霊
  • (様々なトラブルの末)自殺してしまった人の霊…などなど

これらの霊に憑依にされると自己嫌悪が起こりやすくなります。物事を否定的に捉えたり、未来に希望が持ちにくい心境に陥ります。

また、「霊が、生前に何で苦しんだか」によって憑依による症状が異なるケースもあります。恋愛に失敗した女性の霊であれば、ご自身の恋愛運を下げるように働きかけるかも知れません。

ただ、これらの霊も、ご自身が波動を上げれば、自然と離れていく霊であり、「除霊をする or しない」の問題よりも、ご自身の魂を磨くことに専念した方が近道です。

霊の波動:−400〜 −800

少し精神疾患がある方は、このレベルの霊に憑依されている可能性があります。

これらのレベルの霊は、ただ単に「成仏できない霊」ではなく、「恨みを持ったために成仏できない霊」です。

このような霊に憑依されると、自身も人への憎しみ、恨みの念を持ち始めます。ですので、自身の波動も下がりやすく、早めに除霊した方が良いです。

除霊の難易度は、それほど高く難しくないのですが、注意点があります。

除霊しても、自分の心が入れ替わらないと、その後、似たような霊に憑依する可能性があります。

憑依は、「自分の心の一部」と「憑依霊の念」が連動して起こるために、自身の魂を磨くことが、高い予防効果に繋がるのです。

例えば、現状、恨みを持った人は、人を恨むのを止めるよう意識したり、未来がより明るくなるように、生活改善をする必要があるのです。

霊の波動:−800〜 −1500

この霊のレベルになると、幽霊ではなく「悪霊」と言えます。意図的に、人の精神を乗っ取ろうとするわけです。自殺に追い込んだり、他者へ暴力を振るわせたり…

このような霊に憑依されると、ご家族により精神病院に入院させられる方も多いですね。

このレベルの憑依霊が取り憑くケースは以下です。

  1. 自身のご先祖様が、他の一族に恨みを買っている場合
  2. 元々、ひどく精神を病んでいる場合(ご両親が離婚した場合、その子どもに、稀に起こる)
  3. 誰かから生き霊を飛ばされ、その影響で、自分の波動が急激に下がった場合
  4. 墓石を蹴ったなど、霊を侮辱したことで霊の怒りを買った場合
  5. 動物の住処を宅地開拓し、動物霊の恨みを買った場合…などなど

上記のようにケースは色々なのですが、①もしくは②のケースがほとんどです。どれも、簡単に解決できないケースばかりですが、比較的に②は除霊しやすいです。

霊の波動:−1500〜

もう、このレベルに行くと、「悪魔」なのですよ。

人間で言うところの暴力団の幹部です。ここまで来ると、逆に「紳士」…。スーツを着ていて、丁寧な語り口。

だから、余計に怖いです。

霊感の強いタイプならば、この霊に出会うと足が震えるでしょう。私は、意外と”フツー”に、彼らと喋れるので、特異体質ですね。

「悪魔」はメリットがないと、その人の元を離れません。つまり、交渉が必要なのです。無理に追い出せば、逆に、大変な目に遭う…。

「悪魔」は、組織的に行動しますし、組織内のルールに忠実…おっとこれ以上、彼らのことを書くと私もやばい…

まあ、ほとんどの方は、このような霊に憑依されることはありません。ご安心ください。

弱い霊でも憑依されると気味が悪い!?

憑依されている人でも、されていない人でも、「死んだ人の霊が自分の側にいたら怖い」と思う方は多いでしょう。

お化け屋敷だったり、ホラー映画だったり、ホラーが過激に脚色されているので、あまり霊に対して、良いイメージはないですよね。

でも、霊は、ホラー映画のように、人間のすぐ背後に、ピタッといるわけではないのです。そんなにくっついても、霊にとってメリットがありません。

どちらかというと、霊は、お正月の凧揚げに似ています。

凧揚げは、手に持っている糸と空にある凧が繋がってますよね。この繋がりこそ、憑依なのです。糸が切れれば、凧は風に乗ってどこかに行ってしまうように、「除霊」すれば、糸が切れたのと同じで、霊はどこかに行ってしまいます。

ミエナ
一度、離れた霊は、特別な怨念がない限り戻ってきません。戻ってきた場合でも、ミエナの除霊の場合、再度、憑依できないように処置を施します。

最後に

ミエナの個人セッションでは、「取り憑かれているかを霊視します」というサービスを無料で実施していますので、まだ、ご利用したことのない方は、ぜひ、お申し込みください。

また、除霊も無料で実施します。ただ、無料なので、除霊の保証はしません。

「憑依があるかないかを知るのは、ちょっと怖い…」と感じる方も多いと思いますが、ぜひ勇気を出してチャレンジしてみてください。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱