優しすぎる人ほど、「優しくない人」を引き寄せる【3つの理由】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「優しすぎる人ほど、優しくない人を引き寄せるワケ」について、記事を書いていきます。

優しすぎる人ほど、「優しくない人」を引き寄せる【3つの理由】

Q.みなさんは、「優しい人」は好きですか?

私は、大好きです。「優しい人」は、誰しも好きですよね。みんなから愛されるのが、優しい人だと思います。

しかしながら、実際は…

優しい人が、その優しさによる恩恵を受けているとは限りません…

それは、優しい人ほど、「人に優しくされる」という法則が成り立たないからです。

そもそも「優しい人」とは?

「優しい人」と言いましても、人により様々なイメージがあります。ですので、先に、この記事での「優しい人」を私の定義を書いていきます。

「優しい人」を私の定義

  • 相手の立場に立って、考えたり、発言できる人
  • 他人が困っているとき、心に寄り添ってあげる人
  • 困っている人がいたら、助けようとする人
  • 気配りができる人
  • 意識して、笑顔を心がけている人

以上です。

心が「優しい人」は、基本的に、自分より相手の気持ちに重点を置き、思いやり、助け合いの精神に溢れています。

【あなたは、どのタイプ?】優しい人は、2つのタイプの分類できる

優しい人は、私から見ると、2タイプに分けられます。

▼2タイプの「優しい人」

  1. 人生で苦労を重ね、次第に、性格が優しくなった人
  2. 生まれつき、性格が優しい人

以上の2タイプです。

このうち、非常に、「②生まれつき、性格が優しい人」は、実は、とても「人生の落とし穴」にはまりやすいです。この記事では、この②のタイプの方に迫っていきます。

さて、この2タイプについて、少しだけ説明します。

①人生で苦労を重ね、次第に、性格が優しくなった人

優しさとは、多くの人にとって、生まれながらに持つ能力ではなく、次第に、人生の中で身に付けていくものです。

例えば…

幼少期の男の子でしたら、わんぱく盛りで、虫を足で踏んで殺したり、友達に平気で悪口を言ったりするものです。それが、年月を重ねることで、人間関係の重要性、命の尊さについて学び、徐々に、心を磨いていきます。

ミエナ
人生の中で培う「優しさ」は、人間関係を良好にするツールとしても捉えられます。

②生まれつき、性格が優しい人

①のタイプとは異なり、「生まれながらに、やさしい人」もこの世に存在します。このような方は、「自分は、優しい人である」ときっと自覚があるでしょう。

周りの友人からも、「優しすぎる」と言われるくらい優しい人だからです。

このような「生まれながらに、やさしい人」は、本当に、呼吸をするように、周りに「気配り」のできる人で、素晴らしい方です。

まさに、「優しさ」という才能を持つ人と言えます。このような人の周りには、自然と良い人間関係が育まれる…

…わけではないのです。

優しすぎる人が、優しくされない3つの理由

優しすぎる人の「優しさ」は才能と言えるでしょう。才能ですから、他の人には、簡単にマネできない(優しさのレベルが非常に高い)わけです。

では、なぜ、このような人が、人生において、「人から優しくされない」ということが起きてしまうのでしょうか?下記に3つの理由を挙げます。

▼優しすぎる人が、優しくされない3つの理由

  1. 他人に対して、自分と同じだけの「優しさのレベル」を求めてしまう
  2. 人の善し悪しを「優しさ」という基準だけで見てしまう
  3. 人に優しくした分だけ、見返りを求めてしまう

以上の3つです。このどれか1つでも、当てはまってしまう場合、「自分は、優しい」と自覚のある人ほど、すばらしい人間関係に恵まれません。

「優しさ」の才能を持つ人に、天界が求めるもの

「優しさ」は、才能です。才能とは、力(パワー)です。ですので、「優しさ」という才能を持つ人には、天界より、特別な修行が与えられます。

この特別な修行とは…

優しさにおけるGIVE & GIVE・・・優しくしてあげても、何も見返りを求めず、「優しさ」を与え続けることです。

(人により異なりますが、)普通は、自分に優しくしてくれない人には、自分からは、優しくしませんよね。

しかしながら、生まれつき優しい人は、優しさを与え続けることを、天界から求められます。

ミエナ
「優しさ」の才能を持つ人は、人に優しくすることで、運気や波動が上昇します。ですので、直接、見返りを求めずとも、幸せになれるのです。しかしながら、一方で、適切に才能を使わないと、因果応報により、「優しくない人」を引き寄せてしまうのです。

「優しい人ほど、人の「優しさ」に敏感になる

オシャレな人は、人のオシャレにも、すごく関心がありますよね。それと同じく、野球が上手い人は、野球という基準で、他人をはかる機会が多くなったりします。

これは、「優しすぎる人」にも当てはまります。

「優しすぎる人」は、人の「優しさ」に、すごく敏感になってしまうのです。

優しさは、この世界を構成する「唯一の要素」ではない

「優しさ」とは、人間の人格を構成する、いくつもの要素の中の1つです。「優しさ」のレベルが、人間性を決めるではありません。

「優しさ」が人格を決定付ける重要な要素であることは、疑いようがありませんが、「唯一の要素」ではないのです。

しかしながら、「優しすぎる人」ほど、人間の「優しさ」に対して、過剰評価しすぎる傾向にあります。

最後に

「優しすぎる人」が、幸せになるには、「優しさ」という才能を持つ者として、自覚と責任を感じる必要があります。

「優しくしすぎ」と友人から言われても、自分の優しさを貫いた方が、運気が上がり、幸せな人間関係に恵まれます。

人に対して、どんなに「優しさ」を与えても、必ず、何かの形で返ってきます。だからこそ、GIVE & GIVEを信じ、貫くと、幸せになりやすいのです。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱