バチが当たる人と当たらない人の違い

こんにちは、ミエナです。

今回は、「バチが当たる人と当たらない人の違い」について書いていきます。

バチが当たる人と当たらない人の違い

Q.みなさん、「あの人は、あんなに悪いことをしているのに、なんでバチが当たらないのだろう…?」と考えたことはありませんか?

長き人生を歩んでいると、誰かの不正を目にしたり、悪いことをしても裁かれない人を見ることは、一度はあるかと思います。

このようなとき、人は「神様は、ちゃんと見ていないのか?」、「神様は、不平等なのか?」なんて、思ってしまったりするものです。

この記事では、「バチが当たる人と当たらない人の違い」から、「天罰」についての真実に迫りたいと思います。

「バチが当たる人」は、幸せである

「バチが当たる人」は、幸せです。

Aさん
いやいや…バチが当たる人は不幸でしょっ

Aさんのように、思う方もいるかも知れませんが、「バチが当たる人は幸せ」なんです。

それは、バチが当たると…下記のようなことが起こるからです。

  • 気づきを得る
  • 波動が上がる
  • 運命が好転する

つまり、不正を犯し、逮捕され、実刑判決を受けた人は、「逮捕されない人」よりも、運気が上がるのです。

もちろん、バチが当たるということは、実生活においては厳しい目に遭います 。しかし、一方で、心の中の状態は、バチが当たった方が、より浄化するのです。

バチが当たらない人は、より不幸である

バチが当たる人が、幸せであるなら、反対に、「バチが当たらない人は、より不幸」と言えます。それは、不正や犯罪行為において、波動を下げながらも、バチが当たらないことで、波動を上げる機会を得ないからです。

このような状態で…

波動が低い人が幸福感を得るには、「性欲」、「残酷」、「陶酔」、「食欲」、「睡眠欲」などの人間の基本的欲求に頼る他ありません。

※上記の欲求は、ニーチェの思想の基づく

罪を犯しても、逮捕されない人達は、これらの欲望に、心を染めて、さらに波動を下げていくのです。

「バチが当たらない人」が存在する理由

この世には、「バチが当たらない人」が存在します。

これらの人は、罰から逃れた幸せな人ではなく、波動を上げるチャンスを逃した、とてもつもなく不幸な人たちです。

人は、波動を下げるほどに、トラブルを起こしやすくなり、そして、死のリスクも多くなります。それは、波動の低い人ほど、天界の神様、守護霊様が救いにくいからです。

そのため、「天罰から逃れた人たち」は、常に何かに怯えながら、暗い未来しか見えない中で生きていくしかないのです。

自首することで、自ら罰を求める人たち

人間は、不正行為により波動を下げると、全く幸福感を得られません。

日常の小さな幸せすら得られないのです。そうなると、不正行為をした人は、まともな人は「天罰が下った方が楽だ」と思い始めるのですよね…よって、多くの犯罪者は、罪を犯すと、自首して「天罰」を自ら求めます。

悪魔と契約すると、バチは当たらない…

バチが当たらない人というのは、心が浄化できなくとも、「幸せ」を感じられるタイプです。ちょっと、普通の感覚ではない人…

▼バチが当たらない人の条件 ※複数、当てはまる必要があります

  1. 波動を下げることに、抵抗がない(全く良心がない)
  2. 自分のやっていることが「悪いこと」だと認識していない
  3. 波動の低下によって、生活難にならないだけの金銭を持つ(不労所得がある)
  4. 不可侵な権力を持つ
  5. 悪魔と契約している

以上です。上記に当てはまるほど、「バチが当たらない人」となります。

ミエナ
「バチが当たらない人」は、上記の項目の中でも③と⑤は必須ですね。

「バチが当たらない人」というのは、天界から見放されている人です。

そして、波動が低くても生きていける人です。波動が低くても生きていくには、お金が絶対に必要であり、お金持ちである可能性が高いです。

お金持ちではなく、権力もない人で「バチが当たらない人」が存在するならば、バチが当たるのは「時間の問題」です。

もしくは、本当は、すごくいい人であり、ご自身が、その人を誤解しているケースと言えます。

天罰とは、修行であり、心の掃除である

天罰と聞くと、どうしても、「罰せられた人は悪」であると思われがちですが、波動の高い人ほど、「天罰」を受けます。それは、 「天罰 = 修行」だからです。

天界から期待される人ほど、多くの修行メニューが課せられるのです。

参考記事:なぜ霊格が高い人が苦労するのか?【誰も知らない3つの理由】

だから…

不幸なことがあって、「これって、天罰かも…」と思っても、それは、「神様から、期待されている証拠」です。

天罰のない人生ほど、ただ時間の過ぎていく虚しい人生です。

もちろん、悪いことはしてはいけませんが、「天罰」は悪いことをしなくても、自分の心に不浄な心理があれば起こりうるのです。

本当の地獄について

自分の身に降り注いだ不幸が「天罰」であれば、ラッキーです。

天罰であれば、最終的に、自分の波動が上昇し、自分の人生は、良い方向に向かうからです。

しかしながら…

「自分の身に降り注いだ不幸」が単なる不幸だった場合、それを乗り越える苦労は、自分の肥やしにならず、徒労に終わります。

2種類の「不幸」について

この世には、2種類の不幸があります。

  • 天罰による不幸 → 波動が上がる / 運気が上がる
  • 天罰とは関係ない不幸 → 波動も運気も変わらない…

上記の2つです。

「天罰とは関係ない不幸」は、本当に苦しい不幸です。それは、出口が見えず、ハッピーエンドもない不幸だからです。

「天罰とは関係ない不幸」は、波動が下がると起こります。人は、波動が下がると、運命は不安定となり、アクシデントが絶えなくなる…こうなると、天界の守護霊様もお手上げとなるのです。

ですので、本当の地獄は、「天罰を受けたとき」ではなく、「天罰でないのに、ひどい目に遭った」ときとなります。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱