「使命」に目覚めるまでのプロセス【3ステップ】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「使命に目覚めるまでのプロセス」について書いていきます。

※この記事は、歌舞伎役者のような「特別な家柄の人」、また、坂本龍一のような「生まれたときから、天才と呼ばれ、特別扱いされる一部の方々」を対象としません。

「使命」に目覚めるまでのプロセス【3ステップ】

生まれつき、常軌を逸した才能を持ち、スターとして活躍する人がおります。また、代々、江戸時代から和菓子店を営み、自らの跡継ぎが決定している人もいます。

こういった方は、生まれつき「使命」を持つ人です。

しかしながら…

多くの人は、人生の修行を乗り越え後、人生の半ばで、「使命」に気づき、行動します。

この記事では、これから使命を授かり、全うする方に対して書いていきます。

「使命」とは何か?

「使命」という言葉を、スピリチュアル界隈では、よく耳にしますが、恐らくきちんとした定義がなく、意味もあやふやです。

霊能者やスピリチュアル・カウンセラーごとに、「使命」という言葉の細かい概念はバラバラかもしれません。

ですので、この記事では、私の「使命」の定義を書いていきます。

使命とは、自らの才能を活かした社会貢献活動あり、神様や守護霊様など、高次元の存在により、活動をバックアップされるもの。

私の中で、使命は、「才能」を持つ者がやるべき社会貢献活動であり、そして、それは、天界や、他の人間に、強制される仕事ではないと考えています。

ミエナ
自分の家族に対し、善い行いをするのは、「使命」ではありません。全くの他人に施すことが使命に当たるのです。また、「使命」は、最終的に自分の意志によって行うもので、強制されることではないと思っています。

また、自分の才能を活かしていない社会活動は、「使命」には当たらないのも重要なポイントです。自分の才能を活かしていない社会活動は、単なる「労働」と言えるかも知れません…

生まれてから「使命」を授かるまでの道のり

一部の特殊な方は、生まれつき、運命が細かく定められ、「使命」を与えられています。例えば、有名子役の子や、歌舞伎役者、代々続く家系の使命を背負っている人です。こういった方が、特別に神がかっており、そうでない人が、神がかっていないのではなく、単に、運命による「修行メニュー」が違うだけです。

ただ、上記の方々は、非常に珍しい運命を背負う方々なので、有名になったり、人間世界で特別扱いされます。※多くの人に注目されるのも、修行の内かも知れません。

さて…

赤ちゃんのときから、使命を持たずとも、多くの方は、魂の成長過程で、隠れた才能が開花し、使命を授かるようになります。

この「使命」に目覚めるまでの3つプロセスを以下に書いていきます。

▼「使命」に目覚めるまでの3つプロセス

  1. 「神様からの宿題」を授かり、クリアする【0歳〜】
  2. 目覚めた「才能」を使いこなす【20 – 50歳くらい〜】
  3. 天界から「使命」が与えられる

以上の3つのプロセスです。それぞれ詳しく説明をしていきますね。

①「神様からの宿題」を授かり、クリアする

多くの人において(私もその一人ですが)…

使命というのは、ご自身が生まれたときから、生きる目的として、与えられるものではありません。

ご自身が生まれたときに、与えられるのは、「神様からの宿題」です。

前世からの魂の未熟部分を克服するため、神様から与えられる課題とも言えるでしょう。

多くの人は、この「神様からの宿題」により、この上ない苦しみを味わったりします。

参考記事:神様からの宿題

ミエナ
神様からの宿題」は、「魂の修行」、「今世の課題」、「カルマ」とも言い換えられます。

②目覚めた「才能」を使いこなす

最初に、「才能」についてお話しますね。この世には、2つのタイプの「才能」があります。

▼2つのタイプの「才能」について

  1. すでに開花している才能
  2. これから開花する才能

以上の2つです。

すでに開花している才能について

「①すでに開花している才能」とは、前世の頃から、すでに持ち合わせている才能で、この世に生を受けたときから、発揮し、使いこなすこともできます。

「なぜか、他の人よりも得意なこと」、「他の人よりも、なぜか簡単にできること」がこの才能に当たります。

ミエナ
①の才能は、「神様からの宿題」をクリアする上では、役に立たないことが多いです。それは、「今世で、努力により身に付けた能力ではない」からです。

これから開花する才能について

2つの目の才能は、「これから開花する才能」です。

人は、必ず潜在的な才能を秘めています。そして、その隠れた才能は、一人ひとり異なります。

つまり、隠れた才能が開花することで、自分の特殊性に気付き、自己を尊重することができるのです。

ミエナ
若い人が、自暴自棄になりやすいのは、自分の才能がまだ開花していないことが多いからです。(日本の教育の問題もありますが…)

才能は、「神様からの宿題」を克服することで開花される

人生を苦しみ抜くと、「これまで見えなかった自分」が見えたりしませんか?

私の場合が分かりやすいのですが、28歳のときに能力が開花し、そのときは、才能というより、幽霊が見えるという災難に近い状態…

参考記事:初めて幽霊を見たときの話【霊能力に目覚めた日】

それから、10年くらい苦しんだ挙げ句、この能力が才能だと気づきました。

参考記事:【ミエナの半生】ライフログまとめ

このように、苦しみ(修行)の過程の上に、才能開花があり、才能への気づきがあります

ミエナ
才能開花は、波動の数値でいうと、+7以上が必須であり、才能が完全に開花されるには、さらに、+15くらいまでの波動上昇が必要なことが多いです。※参考記事:【自分の波動は高い方?】みなさまの波動の平均値を発表します

③天界から「使命」が与えられる

「神様からの宿題」を克服し、自分だけの才能に気付き、そして、才能を使いこなすようになると、自然と、才能を活かすフィールドが与えられます。

この才能を活かすフィールドこそが「使命」なのです。

最後に

最後に、ミエナの場合の「使命」に目覚めるまでの3つプロセスを例としてあげます。私の場合、非常にこのプロセスが分かりやすいです。

  • 28歳:霊が見える → 苦労する
  • 37歳:苦労の末、「霊能力」が才能であることに気付く
  • 40歳:「霊能力」という才能を活かす

こんな感じです。

参考記事カテゴリ:ミエナの実体験

さてさて、みなさんは、どのような才能に目覚め、どのような使命を背負いますか?すでに、使命を果たしている方も多いと思いますが、いかがでしょうか?

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱