あなたが一番警戒すべき人【波動が超絶に低い人の特徴】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「あなたが一番警戒すべき人」について書いていきます。

波動の低い人は、この世に大勢いますが、その中でも一番警戒した方が良い人の特徴を挙げます。

失言する人は気を付けるべし

そう。この記事で言いたい「一番警戒すべき人」とは、失言する人です。

なぜ、失言する人が一番警戒すべきなのでしょうか?詳しく説明していきますね。

失言する人というのは、ものすごく波動が低い可能性があります。それは、チンピラより、ヤクザよりも低い可能性があるのです。

人間の波動は、どこまで下げられるかというと、電車で寝っ転がっているマナー違反の人で【-70】くらいです。

ヤクザ、チンピラで【-200】くらいです。

しかし、失言する人は【-800】くらいあるのです。

つまり、失言する人はヤバイのです。どんなに普段、穏やかな人でも…

失言する人は、なぜヤバイのか?

失言の定義をまずはしますね。

失言とは、言ってはいけない事を、うっかり言ってしまうこと。

Google – 失言とは

分かりやすいですね。

言ってはいけないこと + うっかり = 失言

この状況の2つの組み合わせは最強です。

なぜ、最強かと言うと、失言する人は「言ってはいけないこと」を頭の中で思っていて、その思考が意志(前頭葉)に逆らって口に出てしまうほどに強いからです。

ヤクザが「てめえ。殺すぞ」と言っても失言ではありません。

しかし、お坊さんが「てめえ。殺すぞ。」と言ったら失言です。

この2つのパターンの場合、どちらがより本当に殺す可能性があるかと言うと、お坊さんの方が高いのです。そして、このお坊さんの方がヤクザより波動が低いのです。

※お坊さんは、「善人」のイメージがあり、分かりやすい例として挙げています。人を脅すようなお坊さんには出会ったことはありませんし、もちろん実在はしないと思います。

失言する人は、自分を偽りきれない悪魔

「悪魔」という表現が正しいかは別として、失言する人の正体は、”失言した内容を喋った人格”が本当の人格で、普段が仮の姿となります。

お坊さんが仮に「てめえ。殺すぞ」とうっかり言ってしまったなら、「てめえ。殺すぞ」と言った姿が本性であり、普段は良いお坊さんのフリをしていることになります。

普段は良いお坊さんなのに、突如…

それは、自分の波動の低い部分が、何かの出来事をきっかけに引き出されて、自分で制御できなくなってしまった…

お坊さんが自分で自分を制御できないほどの低い波動の情動。

つまり、これが本当にヤバイ情動なのです。

失言する人とは関わってはいけない

失言する人が怖いのは、普段は、そのようなことを言わなそうほど、穏やかな人だからです。一見、普通そうだから怖いのです。

一見、普通だけど波動は非常に低い。そのため、一緒にいると自分の波動がどんどん下がります。

【失言する人と仲良くすると起こること】

  • 大切な友人を失う
  • ストレスが溜まる
  • 人の悪口を言う回数が増える
  • 金遣いが荒くなる
  • シワが増える(老ける)

上記は、一例です。

波動が下がるので、それに伴い、人を恨みながら自分の人生はどん底に向かいます。

ミエナ
本当の悪魔ほど、紳士(淑女)的です。怖そうな顔の入れ墨の入ったオジサンより、スーツを来て、中東に爆弾投下の指示を出すエリートの方が数千倍に人を殺してます。

失言というのは、このような一見、ちゃんとしてそうな人から飛び出すので注意です。

失言する人の例

失言する人と言えば、どんな人でしょうか?

  • 政治家
  • 大企業の社長
  • 大物俳優、大物女優

などでしょうか。

ちょっとした失言なら、まだしも、人権を無視する発言、差別的なうっかり発言をする人は、身近にいたら警戒してください。

失言とは、「聞き流して良い言葉」でありません。失言とは、その人の本性を暴く「真実の鏡」です。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション