早く老ける?お金もなくなる?【疑心暗鬼が怖い理由】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「疑心暗鬼が怖い理由」と題して、疑心暗鬼に陥ったときの対処法について書いていきます。

人を疑うことは、タダ(無料)ですから、人間はどんどん心に任せて、人を疑う生き物です。人を疑わない人はいませんので、疑ってしまっても、自分を責めないでくださいね。

しかしながら、疑心暗鬼により、自分が早く老けたり、お金がなくなってしまう事態も想定できます。その理由を以下でご説明しますね。

疑心暗鬼とは何か?

まず先に、疑心暗鬼を定義していきます。

疑心暗鬼とは、疑いの心があると、なんでもないことでも怖いと思ったり、疑わしく感じることのたとえ。

疑心暗鬼(ぎしんあんき)の意味・使い方 – 四字熟語一覧 – goo辞書

疑心暗鬼とは、意味もなく、人を疑い、その疑う心により、自分が苦しめられる状況をいいます。

疑心暗鬼は、あなたのエネルギーを奪います

疑心暗鬼は、あなたのエネルギーを奪います。ここでのエネルギーとは、体力、気力、お金です。

つまり、疑心暗鬼になると体力が落ち、気力がなくなり、資産が減ることになります。

怖いですね。

なぜ、自分のエネルギーを奪うのでしょうか?

疑う意味

ここで例を挙げます。

会社のロッカーに入れた財布が突然なくなり、慌てて辺りを探し、どこにもないとき、あなたは、どのように考えますか?

疑心暗鬼の人
家にあるかも…。でも、新しく入った新人君、ちょっと、人の物を盗みそう…。きっと、あの人が盗んだのかも…。

このように考える人もいるかも知れませんね。

新人君が本当に盗んだのであれば、「疑い」が「確信」に変わります。この場合、「疑い」により、財布を取り戻したことになります。

しかし、新人君が財布を盗んでなく、自宅に財布を置き忘れただけの場合、「疑い」は無意味だったことになります。

無意味な疑いは、あなたのエネルギーを奪います。そう、気力、体力、お金を奪うのです。

なぜ、疑いがエネルギーを奪うのか?

なぜ、疑いがエネルギーを奪うでしょうか?

「疑う」こととは、真実と異なるイメージをしている状態です。

真実から離れたイメージを心の中で想い続けるには、自分が想像する以上に気力を使うのです。

つまり、人を無意味に疑い続けると、相当な気力が奪われるのです。真実をイメージするときとは、雲泥の差です。

また、人を疑うことは、波動を下げます。波動が下がると、そのこと以外にも悪影響が出ます。つまり、お財布が新人君に盗まれたと疑うことで、仕事が手に付かなかったり、同僚のギャグに笑えなかったりするのです。

結果、無意味に疑い、真実に逆らうことで、波動を下げ、気力が奪われる状況が“自分の周り”に作られていきます。

気力が下がると体力が下がる

気力が下がると体力が下がります。

精神的なバランスが崩れるためで、なにをやるにも面倒になるのです。活動量が下がり、それにより運動量が下がります。ですので、気力の低下は、体力の低下を招きます。

疑うとお金が減る

無意味な疑いは、無意味な投資を生みます。

新人君に財布を盗まれたと疑ったら、ロッカーの鍵を頑丈にしたり、他の物も盗まれないようにセキュリティ対策を施すでしょう。

「疑い」が、過剰なセキュリティ投資(対策)を生むのです。

豪邸に住む人のセキュリティがしっかりしているのは、統計的なデータから一定確率で空き巣に入られる恐れを予測する一方で、「貧乏人が自分の資産を狙っている」という感覚的な疑念による投資(対策)でもあるのです。

疑心暗鬼になると良いことはない

当たり前ですが、疑心暗鬼になると良いことはないです。でも、疑ってしまう心をストップさせるのは容易ではありません。

なぜなら、

「疑心暗鬼」は、自分の低い波動が、無実の人間に投影し、その投影した姿に自分が怯えるからです。

「財布を盗まれたかも!?」と極端に疑心暗鬼になる人は、盗んだ経験があるか、もしくは、魔が差したときがある人です。

例えば、4歳の男の子が、自分の財布を盗まれても、きっと同世代を疑わないでしょう。それは、お金の価値を理解していないし、自分もそれほど欲しくないからです。つまり、「盗む」という概念がないのです。

「財布を盗まれたかも!?」と思うことは、その概念を理解しており、また、犯罪者の盗む心理を理解しているからです。

すなわち、犯罪者と同調できる心があるわけです。

そのため、

波動が低いほど疑心暗鬼になります。

海賊は、無人島に宝を隠します。なぜかというと、極端に自分たちの宝が奪われることに疑心暗鬼になっているからです。自分たちで汗水たらして働いて、正当な報酬として財宝を手に入れたのなら、きっと、無人島に資産を隠すことはしません。

人を殺し財宝を奪うことで、波動を下げ、疑心暗鬼となり、宝を無人島に隠すわけです。

波動が低いと疑心暗鬼になる

先ほども書いたように、

疑心暗鬼になると、気力、体力、お金を奪います。つまりは、早く老け、早く死ぬのです。

最悪です。

なので、疑心暗鬼にならないようにする必要があります。そのためには、自分を疑わない人生を送ることが必須です。

自分を疑わない人生とは、下記です。

  1. やるべきことをやる
  2. 自分や人に言い訳をしない
  3. 自分のことを棚に上げて、人のことを責めない

上記が非常に大切です。特に③「自分のことを棚に上げて、人のことを責めない」が重要です。

「自分のことを棚に上げる」人は、疑心暗鬼になりやすく、そのため、老けやすいです。

この状況は、不労所得の人に多いので、不労所得は本当に人生を壊します。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション