「助けてほしい…けれど、誰も助けてくれない」ときに考えること

こんにちは、ミエナです。

今回は、「なぜ、どん底のときにこそ、誰も助けてくれないのか」について書いていきます。

「助けてほしい…けれど、誰も助けてくれない」ときに考えること

自分が、大して苦しんでないときは、とても人から優しくしてもらえたりするのに、なぜか、本当のどん底のときは見放される…こんなとき、ありますよね。

ちょっと、わがままな話ですが、「 助けてくれなくていい…」と思うときに助けてくれて、本当に困ったときは、煙たがれる…不思議…

こんなとき、どう考えて、どのように立ち向かえば良いのでしょうか?この記事にて、詳しく書いていきます。

ミエナ
この記事では、有り触れたキラキラワードは、登場しません。キラキラワードって、もう聞き飽きましたよね!?「自分をもっと愛する」とか「あなたは唯一無二の存在です」とかです。すごく重要なワードなのですが、この記事では、無用な励ましナシで、書き通したいと思います。

この世は、戦場。

Q.みなさんは、「この世は戦場だ」と思ったことはありませんか?

受験のときだったり、就活のときは、思ったりしますよね。生き残るために、相手を蹴落として、数少ないパイを奪い合う過酷な世界…

私は、高校生のとき、KEMURI(ケムリ)という音楽バンドが好きだったのですが、そのKEMURIの曲「prayer」の歌詞の中にこんな一説があります。

No time to cry, why don’t we try? Prayer in the battle field named peace! 

Prayerの歌詞 | KEMURI

▼直訳

泣いているときではない。なぜ、挑戦しないの?平和という名の戦場での祈り

「平和という名の戦場」という歌詞に、当時の自分は、とても重い説得力を感じてしまいました。考えようによっては、この平和な日常は「戦場」なのかも知れません。

この世が戦場だったら、他の人をかまってられない…

鉄砲玉が飛び交う戦場の中で、一人の人間が苦しんでいても、誰も助けてくれません。それは、「人間が、冷たい存在である」からではなく、ただ、助ける余裕がないのです。

あなたが、まだ歩ける状態なら、助けようとする人が現れ、その人の脳裏にも、きっと一緒に生き延びる方法が思い浮かぶでしょう。しかしながら、戦場の中で、立つことさえできないならば…見捨てられるかも知れません。

戦場では、弱い人を助ければ、助けた人にも死のリスクがあり、また、助けた人の死のリスクは、他の隊員全体のさらなる危険に繋がることも考えられます。

この世が「平和という名の戦場」であれば、どんなに苦しかろうと、自分だ頼り、自分を信じて、前に進むしかない…

では、本当に、この世は戦場?

この世を「戦場」と捉えると、如何に、どん底に落ちたときほど、助けてもらえないかが、分かりますよね!?

さて、この世が戦場であるならば、この世は「奪い合いの世界」であり、「比較優劣の世界」と言えます。

ミエナ
ゼロサムゲームとも言えますね。

「奪い合いの世界」とは、資源は限界が決まっており、限られた資源をかけて、命がけになる世界です。そして、「比較優劣の世界」というのは、常に他人と比較する世界を指します。戦場では、相手に勝たないといけませんから、他者と自分の比較は避けられないのです。

ここまで読むと、スピリチュアルが好きな方は、お気付きになるでしょう。「本当に、この世は戦場なのか?」ということに…

スピリチュアルな考えでは、この世には無限の愛があり、人と人とがお互いを尊重する世界が存在します。そう考えると、「この世は戦場である」という考えも疑いたくなります。

「答えがない」のが答え

「この世は戦場である」と断言することはできません。反対に、私が、「この世は戦場ではない」とも促すこともできません。

この問いに、答えなどないですし、人それぞれが、自分でどう思うのかを考える権利(義務とも言えます)があります。

「答えがない」のが答えなんです。

この世を「戦場」と捉えるデメリット

さて、ここで「この世は戦場である」と、仮にご自身が思った場合、どういうことが起こるかをスピリチュアル的に書いていきますね。

この世を「戦場」だと思えば、そのように考えて生きていくこともできます。しかしながら、「戦場である」と考えると、スピリチュアル的に1つ困ったことが起こります。

それは…

この世を「戦場」と捉えると、自分の潜在的な才能が開花しないのです。

潜在的な才能とは、誰しもが1つ以上を持つ、その人だけの特殊な才能のことです。この才能により、人は誰しも、豊かに生きる能力を備えます。

潜在的な才能が開花すると起こることを下記に書いておきます。

▼潜在的な才能が開花すると起こること

  • 他者を愛することができる
  • 他者をサポートし、勇気付けられる
  • 自分の使命を全うできる
  • 自然と暮らしが豊かになる
  • 心が芯から満たされる

以上です。

参考記事:読むだけで才能が開花するブログ

この世を「戦場」と捉えれば、これらのスピリチュアル的な恩恵は受けることができません。

ここで、繰り返しとなりますが、この世を「戦場」と捉えるか、「助け合いの世界」と捉えるかは、ご自身次第です。決定権は、ご自分の中だけにあります。

【タイプ別】苦しいときの立ち上がり方

Q.「助けてほしい…けれど、誰も助けてくれない」とき、あなたは、この世を「戦場」と捉えますか?それとも、「助け合いの世界」と捉えますか?

この問いに正解はありません。

しかしながら、この問いの答え方によって、「苦しいときの立ち上がり方」が異なります。

【乗り越える方法①】この世は、戦場であると思う人

あなたが、この世を「戦場」と捉えるならば、自力で立ち上がってください。あなたには、その勇気と底知れぬパワーがあります。自分の中の最後の力を振り絞り、戦場の中に希望を見つけて下さい。小さな希望から、大きな未来が開けてくるでしょう。

【乗り越える方法②】この世は、助け合いの世界と思う人

あなたが、この世を「助け合いの世界」と捉えるならば、「助けてほしい」と願う前に、人を助けてあげてください。何でも良いです。子どもに、折り鶴を折るとか、何でもないことでも良いです。

因果応報により、あなたは、あなたのように優しい人から救いの手を差し伸べられるでしょう。

最後に

この記事では、私の独自の見解で「助けてほしい…けれど、誰も助けてくれないときに考えること」について書いてきました。

「スピリチュアルの世界に、絶対の答えがある」と考えてしまいがちですが、人生には、どちらも選ぶ権利があり、正解のない分岐点があります。今回は、そんな人生を分ける考えの分岐点について、述べてみました。

この記事がお役に立てれば幸いです。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱