言い訳は、なぜ悪いのか?【言い訳しない人が評価を上げる理由】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「言い訳」をテーマに書いていきます。

言い訳は、なぜ悪いのか?

Q.みなさん、「言い訳」は悪いことだと思いますか?

何かに失敗をして、人に迷惑をかけたとき、「失敗の理由」を喋ったら、「そんなの言い訳だ!!」なんて、言われたりしますよね。

起きた事象の理由を語っているだけなのに、なぜか、人格を否定された気分になります…

私のサラリーマン時代は、上司に「そんなの言い訳だ!!」とよく怒られた経験があります。私としては、理由を説明しているのであって、言い訳するつもりもないのに…余計に、火に油を注ぐ結果に…

「言い訳」とは何か?

そもそも、「言い訳」とは何でしょうか?辞書で調べてみました。

言い訳とは、自分の言動を正当化するために事情を説明すること。

Weblio辞書【いいわけ】

言い訳とは、「自分の言動を正当化する」ことです。でも、自分の言動を正当化して何がいけないのですかね。「自分の言動を正当化する」のは、裁判で、被告が無罪を主張するときに行うことに似ていますし、正当なことだと感じます。

しかしながら、「自分の言動の正当化」が「言い訳」であると認識されると、大きく信頼を失います。

この記事ではその秘密に迫っていきます。

言い訳する人は、同じ失敗を繰り返す可能性がある

言い訳する人は、同じ失敗を繰り返す可能性があります。

やってしまったミスは、過去の事実なので取り返しがつきません。そのため、実際に未来において重要なことは、リスクを想定できなかった罪を受け入れ、「リスクを想定内に留める」ことが重要です。

しかしながら、言い訳してしまう人は、「次にやらなければ良いだけ…」と安易に考え、それは、他人にとって、全く当てにならないことがあるのです。

人は、他者に対し、「未来に同じ失敗をしない」と、保証することはできません。

けれど、ミスした事実を受け入れる、全部、自分のせいにすることで、「ミスしません」という発言よりも、絶大な信用を得るのです。

失敗は、未来にまた起こるかも知れない…けれど、「未来の自分が、そのとき、どう対処するのか」…他人は、あなたのその姿勢に目を光らせているのです。

言い訳をしないメリット

それは、そもそも「言い訳」が、想定外のことが起きたときに、それがあたかも、「想定内」であったかのように装う行為です。

「想定内」であったかのように話すことで、失敗における責任を軽くし、失敗が再発しないことを訴えるわけです。

逆に、失敗の理由を説明するときに、「失敗は、自分の想定外でした」、「繰り返さないように、徹底します」という発言があれば、「言い訳」のように聞こえません。

また、スピリチュアル的には、反省点を心に刻み込むことで、確実に人間的に成長できるというメリットもあります。

ミエナ
人間的な成長のスピードが速い人がいたら、ぜひ観察してみましょう。どんな状況でも、絶対に「言い訳」していないと感じます。

想定外のことが起きて、人に迷惑をかけてしまったら…

想定外のことが起きたとき、状況を人に話すとき、言い訳に聞こえないように、下記の思考を辿ってみてください。焦って人に状況報告すると、「言い訳」に聞こえ、評価を落とすことがあります。

【想定外のことが起きたときに、考えること】

  • 失敗の事実を認める
  • 失敗を全て自分のせいだと考える

そして…

ちょっと前の自分は、その失敗を「想定内」だと思えないほどに未熟であった

…と考えてみてください。そうすると、「言い訳」に聞こえがちな発言をを抑えることができますよ。

加えて、

すべて自分のせいと考えることで、失敗を人間的に大きく成長させるチャンスに変えてくれます。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱