いい人ほど病気になる

こんにちは。ミエナです。

今回は、「いい人ほど病気になる」をテーマに記事を書きます。

注意)この記事に書いてあることは、私の実体験からであり、西洋医学も東洋医学もベースにしてません。そういう見方もあるのか程度で読んでください。

病気とは何か?

さて、病気とは何でしょうか?まずは、広辞苑で「病気」について調べてみました。

病気・・・

生体がその形態や生理・精神機能に障害を起こし、苦痛や不快感を伴い、健康な日常生活を営めない状態。医療の対象。

広辞苑

なるほど、つまり、病気とは、超ざっくり言うと「状態」ですね。

生体の「状態」を表しています。

なぜ、その状態になったのか、「状態」には、「原因」と「結果」があります。

「原因」と「結果」の法則です。スピリチュアル的になってきました。

病気は「結果」である

先に答えを言うと、病気は「結果」です。症状が出ていますからね。

ここで自己流の解説をします。

「結果」を時限爆弾で例えると爆発です。つまり、病気は、時限爆弾で例えると爆発なのです。

病気の元

すごい例えですみません。イメージ図でフォローしますので、ついて来てくれると嬉しいです。

言いたいことを先に言いますと、「元気」な状態でも、時限爆弾のタイマーは刻一刻と爆発に近づいているのです。

時限爆弾が爆発する前に、止めなくてはいけません。

一般に、病気になってから、対処する方が多いですよね。でも、それではすでに遅いのです。体へのダメージが始まっていますので…

つまりは、体へのダメージがない”カチカチ”の段階で、食い止める必要があります。

病気になる前に

もし、この記事を読んでいるあなたが健康であるならば、自分の中で時限爆弾が作動していないか、チェックする必要があるのです。

時限爆弾の正体は、心の歪み。いい人ほど病気になる

分かりすい例から言います。アニメ「ドラゴンボール」の孫悟空は”いい人”ですか?アニメ「ワンピース」のルフィーは、”いい人”ですか?

“いい人”というよりは、はちゃめちゃな人ですよね。

こういう人は、病気になりません。

精神が歪んでいたとしても、うまく発散できるタイプです。

精神の歪みは、誰にでもあり、無い人はキリストか仏陀でしょう。

さらに、精神の歪みは、心の中で抱えると病気になり、下手に発散させると犯罪になります。

つまり、犯罪にならないほどに、はちゃめちゃな人は病気になりにくいのです。

病気を霊視すると心の病が見える

私が病気を「精神の歪み」が原因だと思うのは、病気の人を霊視したことがあるからです。

病気を霊視すると、傷ついた患部に、ネガティブな感情がまとわりついているのが見えます。

そして、その病気の患部の中心は、得体の知れない何かからできています。それは、「運命」「宿命」「修行」「罪」。

この中心は、人間が触れてはいけない部分ですね。霊視するにも危険が伴います。

さて、病気の中心から派生して生まれているのがネガティブな感情です。

「どうせ、治らない。」「頑張って直さなくてもいいや。」「こういう運命なのかな?」といった感情です。

このネガティブな感情によって、細胞はダメージを受けるのです。

霊能力でできる治療は、自然治癒力を高めることくらい

病気なった状態は、「結果」ですから体が傷ついた状態です。

「結果」の世界は、霊能力では、すぐに状態を変えることはできません。

つまり、霊能力を使う治療しかできない場合(そんなケースはありませんが)、すべての病気は手遅れとなるのです。

病気になる前であれば、「原因」は霊能力でも消すことは不可能ではないのです。

しかし、「結果」である病気は、霊能力では、すぐに回復させることは難しいと考えます。

自分でできる自然治癒力を高める方法

霊能力で、自然治癒力を高めることは可能です。

もちろん、霊能力を使わずとも、自分でできる方法もあります。

自然治癒力を高める方法は、ネガティブ感情を弱めること、つまり重要なのは「許す」ことです。

今の病気の状態を許してあげる。

これが、一番、効きます。

自分の患部に対して「早く治って!」と思うより、今の状態であることを、そのまま愛をもって受け止め、「自然と良くなるように、この世はできている。」と信じれば、患部のネガティブな感情が消え、自然治癒力が高まります。

患者さん本人が行うだけでなく、周りの人にも、ぜひ協力をしてもらいましょう。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション