あなたが「縁を切るべき人」の5つの特徴

こんにちは、ミエナです。

今回は、「あなたが縁を切るべき人の5つの特徴」について書いていきます。

あなたが縁を切るべき人

「縁を切るべき人」を決める基準は何でしょうか?私は、神の創る調和に逆らう人だと思います。

調和とは、キレイな波動の集合体であり、秩序化された「人類のあるべき姿を指し示す方向性」とも言えます。

ここでピックアップする「縁を切るべき人」は、この「神の調和」を乱す人です。つまり、周りにいる人の幸せを壊す恐れのある人と言えます。

「縁を切る」というと、白黒付けすぎてますが、ここで挙げるような方がいらしたら、一旦、冷静にお付き合いするかどうか判断してみてください。

▼あなたが縁を切るべき人

  1. 極端に、自分のことを棚に上げる人
  2. 謝罪が口癖になっている人
  3. 幸運が続き、苦労がないまま生きる人
  4. 仕事が出来なさすぎるが、頑張らない人
  5. 長年一緒にいるけど、全く存在感のない人

上記が私の考える「あなたが縁を切るべき人」です。

このブログの読者さまは、きっと素敵な人が多いと思うので、あまり当たり前のことを書きませんでした。例えば、「縁を切るべき人」とは、素行の悪い人、人の悪口を言う人…等々です。

今回は、波動の高い人でも、一見、誤って付き合ってしまいそうになる「縁を切るべき人」をピックアップしています。以下で1つ1つ解説していきますね。

①極端に、自分のことを棚に上げる人

「極端に、自分のことを棚に上げる人」は、自分の人生の課題から目をそらしている人です。

自分の悩み、劣等感、苦しみ、嫌悪感など、苦しいことから逃げる人でもあります。

このような人の行く着く先は、派手な失敗です。つまり、転落人生です…

ミエナ
悪魔と契約している人は、「自分のことを棚に上げる人」であっても、転落しません。しかし、異常なほどに波動が下がります。

人生とは「修行」です。つまり、スピリチュアル的には、生きている限り、自分の問題や課題から逃げられません。そのため、「自分のことを棚に上げる人」は、エスカレーターに乗っているかのように、大きな失敗へと向かうのです。

②謝罪が口癖になっている人

異様に「ごめんね」など謝罪の言葉を連発する人は危険です。

このような人は、人間が備える共感性を失っている可能性があります。なぜかというと、通常は、謝る前に、起こした事象の防止策、およびフォローの仕方を考えて、行動するからです。

とりあえず、「ごめんね」を連発し、その場しのぎを繰り返す場合、憑依されているか、悪魔と契約している可能性が否定できません。

幸運が続き、苦労がないまま生きる人

「私は、運がいい」と語る方は大勢いらっしゃいますが、そういう方は大抵、その後、「苦労もたくさんした」とツライ過去を語るものです。

運とは、苦労により齎(もたら)されるものだからです。

例え、資産家の家に産まれ、とても幸運に見えても、当人からすれば苦労は山ほどあるものです。

しかしながら、

この世には、不思議と本当に苦労せずに運がいい人が存在するのです。

このような人は、以下の2つの可能性があります。

  1. 悪魔と契約した人
  2. 悪魔の能力が使える人

人間というのは、基本的に苦労することで波動を上げて成長します。これが正常。

しかし、

幸運が続き、苦労がないまま生きる人は、悪魔のパワーを使っている可能性があるのです。

そのため、毎度、「私は、いつも運がいい」と語りつつも、苦労話が全く出ない人は、注意が必要なのです。

参考記事:
不労所得では幸せになれない理由【汗をかいて生きよう】

④仕事が出来なさすぎるが、頑張らない人

会社で認められる方法は2つあると思います。

  1. 自分の業績を上げること
  2. 自分以外の人の業績を下げること

「仕事が出来なさすぎるが、頑張らない人」は、①の「自分の業績を上げること」ができません。そのため、

会社で生き残るために、②の「自分以外の人間の業績を下げること」をやってしまう可能性があるのです。

この②というのは、つまり、意図的に人の足を引っ張る行為です。

「人の足を引っ張る」方法は、山ほどありますが、一番怖いのが、生き霊を飛ばす行為です。自分の業績は下がり、相手は、完全犯罪を成し得る…

なので、「仕事が出来なさすぎるが、頑張らない人」とは、なるべく関わらない方が良いのです。

ミエナ
通常、このような方は、会社を去る運命ですが…

参考記事:
あなたはなぜ足を引っ張られるのか?【引っ張られない方法】

⑤長年一緒にいるけど、全く存在感のない人

「長年一緒にいるけど、全く存在感のない人」は、実はそこそこ危険です。

なぜなら、

このような人は、長期に渡り、自分の居場所を間違えているからです。

自分の能力、価値感、そして、やりたいことが分からず、誤った集団に属してしまっているのです。

このような人は、孤独を抱えており、苦痛に耐えかねて、周りの人間を恨む場合があります。

その場合、この人を中心に不幸の連鎖が始まる可能性があるのです。

最後に

今回は、私の考える「縁を切るべき人」の5つの特徴を挙げました。当たり前ですが、このブログ記事の対象は全て大人同士の中の話です。

学校にこの考えを持っていくのは誤りです。(人生経験が豊富な人の過ちの方が怖いのです…)

「人生での出会いに無駄はない」と考える方も多いかと思いますが、しかしながら、人間は、人生の寄り道をしてしまう生き物です。

自分を磨き、心を成長させ、より良く生きようと思っている人ならば、進むべき道の反対に走る必要はないでしょう(大方は)

今回の記事が何かのヒントになれば幸いです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション