縁を切るべき人のスピリチュアル的特徴 11選!

こんにちは、ミエナです。

今回は、「縁を切るべき人のスピリチュアル的特徴 11選!」をテーマに書いていきます。

あなたが縁を切るべき人

「縁を切る」というのは、判断として、すごく難しいですよね。

どんなに嫌いな人であっても、「ずっと離れる…」と考えるとちょっと悲しい気もしますし、一方で、「一緒にいると良くない…」という気もします。

「自分がより輝くために、誰と縁を切るか」という問題は、簡単に答えの出る問題ではありません。しかしながら、人間というのは、「古い縁を切る」そして、「新しい縁を結ぶ」という繰り返しにより成長していく存在です。

波動の観点でいいますと、波動の低い人と縁を切って、波動の高い人と付き合う…この循環により、より幸せになっていくわけです。

参考記事:波動って何!?自分の波動を知る方法【診断ツール】

▼幸せになる上で必要な「縁を切る」プロセス

上記にように、人が波動が上がっていく過程で、人間関係の見直しが必ず起こります。

「波動の低い人」の波動アップをサポートしよう

私は、単に、「波動の低い人との縁を切ること」を推奨しているのではなく、ご自分の波動が高い位置で安定してきたら、今度は、「波動の低い人」の波動アップをサポートしてあげてほしいと考えています。

ご自分の波動が安定していない状態で、波動の低い人と、なんとなくお付き合いしてしまうと自分の波動まで下がります。しかしながら、自身の波動アップに成功した人は、波動の低い人と付き合っても、達観した姿勢で対峙できるので、自らの波動に悪影響が少ないのです。

波動の低い人と縁を切り、高波動の人と付き合い、そして、後から、波動の低い人の波動アップをサポートする…私は、このように、人は幸せの階段を上がると考えています。

縁を切るべき人を見分けるのは、簡単ではない理由

「波動の低い人と縁を切る」と言っても、それは、単純に見分けることができるほど、容易ではありません。

例えば、相手のことが、どんなに嫌いであっても、そして、どんなに酷い目に遭わされても、その人が、「いずれ自分に幸運をもたらせてくれる人」かも知れないからです。

縁とは、自分に「修行という名の苦労」を与え、心を成長させてくれる面もありますので、何でもかんでも、「嫌いな人 = 波動の低い人 = 縁を切るべき人」と判断するのは誤りです。

縁を切るべき人の特徴

人は波動を上げるプロセスの中で、どうしても「波動の低い人との縁を切る」ことが必要とされます。では、どのような人と縁を切るべきなのでしょうか?

以下に、「縁を切るべき人」のスピリチュアル的な特徴を11つ挙げます。

▼縁を切るべき人のスピリチュアル的特徴

  1. 「自分との過去」を執拗にアピールしてくる人
  2. 強引に連絡をしてくる人
  3. 嘘をつく人
  4. 失言の多い人
  5. 足を引っ張る人
  6. 用事もないに「謎のタイミング」で連絡してくる人
  7. 極端に、自分のことを棚に上げる人
  8. 謝罪が口癖になっている人
  9. 幸運が続き、苦労がないまま生きる人
  10. 仕事が出来なさすぎるが、頑張らない人
  11. 長年一緒にいるけど、全く存在感のない人

以上の11個です。上記に該当する人は、あなたの波動上昇を阻害する可能性が高く、あなたが幸せになる上では、縁を切ることも一つの選択でしょう。

それでは、以下で1つ1つの特徴について、詳しく解説していきますね。

①「自分との過去」を執拗にアピールしてくる人

過去にお付き合いしたことのある人が、「自分との過去の関係」を執拗にアピールし、交際や友達関係を求めてきた場合、この縁を大切にすべきではありません。

「過去の関係」を強く主張する人は、現在のあなたとのスピリチュアル的な縁が弱い人です。

以下に例を挙げますね。

▼「自分との過去の関係」を執拗にアピールしてくる人

  • 「昔、幼なじみだったから…」と執拗に友人になろうとする人
  • 「元恋人だったから…」と執拗に会いたがる人
  • 「元同僚だから信用して…」と言ってくる人
  • 「昔、同じクラスだったよね…」と友達ぶる人
  • 一度、会っただけなのに、馴れ馴れしい人…などなど

上記のように、既成事実によって、強引に関係を築こうとするタイプの人とは、距離を置くことをオススメします。

「過去の関係」を持ち出さないと、あなたとの関係を保てない人

「自分との過去の関係を執拗にアピールしてくる人」とは、言い換えると「過去の関係」を持ち出さないと、今のあなたと関係を保てない人です。そのため、あなたより、相手の方がかなり波動が低い可能性があります。

ときに、家族でさえ、「家族なんだから、協力しあって当然だ…」と血縁関係を執拗に強く訴えてくる場合、両親や姉妹であっても、一旦は、距離を置いた方が良い関係と言えるでしょう。「家族関係」も、「過去」と同様に変えることのできない既成事実です。そのため、このような「変えることのできない」ことを執拗にアピールしなければいけないほどに、繋がなければいけない縁など、基本的には存在しないのです。

②強引に連絡をしてくる人

自分から連絡していないのに…やたらと一方的にメールや電話をして来る人は、縁を切った方が良いかも知れません。

人に必要な縁は、必ず自然に結ばれます。

強引に連絡を取るというのは、緊急事態ではない限り、「不自然」であり、スピリチュアル的な「大切な縁」とは異なります。

強引に連絡を取る人は、どこかに、それだけのことをするだけの、やましい理由や気持ちがあるのでしょう。このような相手の感情は、マイナス波動となり、あなたを幸せに導くどころか、苦しみへと誘います。

③嘘をつく人

「嘘をつく」というのは、嘘がバレたときに、ものすごく信用を失う行為です。

そんな高リスクの「嘘」をついてまで、「あなたとの関係を維持したい」というのは、強い欲望を抱えた人とも言えます。

そのような人とは、できれば関係性を改めたいものです。

「人を幸せにする嘘」もありますが、多くの嘘は「自己保身のため」に用いられます。「良い嘘」、「悪い嘘」で迷うより、「嘘 = 悪」と考え、関係を緩めていった方が、人間関係における間違いは少ないと思います。

ちなみに、相手が、嘘をついていることを知りながらも、相手を問いただすことなく付き合ってしまうと、自分の波動まで下がっていきますので、ご注意くださいね。

参考記事:「嘘」とスピリチュアル【良い嘘と悪い嘘】

④失言の多い人

「失言」とは、「言ってはいけないことを、うっかり言ってしまうこと」です。

失言は、その人の心を表す「真実の鏡」とも言え、決して「聞き流して良い言葉」ではありません。

失言する人は「言ってはいけないこと」を頭の中で思っていて、その思考が意志(前頭葉)に逆らって、口に出てしまうほどに低い波動を持つのです。

失言の多い人と一緒にいると、自分まで、その人の低い波動の影響を強く受けてしまいますので、縁を切った方が良いでしょう。

参考記事:波動が超絶に低い人の特徴【あなたが一番警戒すべき人】

⑤足を引っ張る人

「足を引っ張る人」とは、当然、縁を切りたいですよね…

でも、なかなか「足を引っ張る人」とは縁が切れないですよね。一度、相手から、自分をターゲットにされると、そこから抜け出すのは難しいです。

「足を引っ張る人」と縁を切る方法は、下記の記事に詳しく書いていますので、気になった方は、ぜひ、読んでください。

あなたはなぜ足を引っ張られるのか?【スピリチュアルな対処方法】

⑥用事もないに「謎のタイミング」で連絡してくる人

「いつも謎のタイミングで連絡してくる人」っていませんか?3ヶ月もの間に、連絡がなかったのに、いきなり今になって連絡をくれて…そして、また、しばらく時間が空いて、何を思い出したのか…半年後に連絡をくれる人…

ちゃんとした用事やきっかけがあれば、納得ができるのですが、大した用もないのに「なんで…今?」みたいな…

これは、完全に相手都合で、寂しいから連絡してくるのですよね…あなたの優しさに期待を抱き、「自分のメッセージに応えてくれるだろう…」という淡い気持ちを抱いているのですね。

このような孤独感が強く自己中心的な人とは、縁を切った方が良いです。

ご自身も「寂しい」という気持ちを持ち、そんな相手と縁を繋げてしまうと、波動が下がってしまいます。

参考記事:運気を下げる人間関係【孤独を癒やし合う仲について】

⑦極端に、自分のことを棚に上げる人

「極端に、自分のことを棚に上げる人」は、自分の人生の課題から目をそらしている人です。

自分の悩み、劣等感、苦しみ、嫌悪感など、苦しいことから逃げる人でもあります。

このような人の行く着く先は、派手な失敗です。つまり、転落人生です…

人生とは「修行」です。つまり、スピリチュアル的には、生きている限り、自分の問題や課題から逃げられません。そのため、「自分のことを棚に上げる人」は、エスカレーターに乗っているかのように、大きな失敗へと向かうのです。

ミエナ
悪魔と契約している人は、「自分のことを棚に上げる人」であっても、転落しません。しかし、異常なほどに波動が下がります。

⑧謝罪が口癖になっている人

異様に「ごめんね」などの謝罪の言葉を連発する人は危険です。

このような人は、人間が備える共感性を失っている可能性があります。なぜかというと、通常は、謝る前に、起こした事象の防止策、およびフォローの仕方を考えて、行動するからです。

とりあえず、「ごめんね」を連発し、その場しのぎを繰り返す場合、波動が極端に低い可能性が否定できません。

⑨幸運が続き、苦労がないまま生きる人

「私は、運がいい」と語る方は大勢いらっしゃいますが、そういう方は大抵、そのあと、「私…苦労もたくさんしたの…」とツライ過去を語るものです。

運とは、苦労により齎(もたら)されるものだからです。

たとえ、資産家である両親の元に産まれ、とても幸運に見えても、当人からすれば苦労は山ほどあるものです。

しかしながら…

この世には、不思議と本当に苦労せずに運がいい人が存在するのです。

このような人は、以下の2つの可能性があります。

  1. 悪魔と契約した人
  2. 悪魔の能力が使える人

人間というのは、基本的に苦労することで波動を上げて成長します。これが正常です。

しかし…

幸運が続き、苦労がないまま生きる人は、悪魔のパワーを使っている可能性があるのです。

そのため、毎度、「自分は、いつも運がいい」と語りつつも、苦労話が全く出ない人は、注意が必要なのです。

参考記事:
不労所得では幸せになれない理由【汗をかいて生きよう】

⑩仕事が出来なさすぎるが、頑張らない人

会社で認められる方法は2つあると思います。

  1. 自分の業績を上げること
  2. 自分以外の人の業績を下げること

「仕事が出来なさすぎるが、頑張らない人」は、①「自分の業績を上げること」ができません。そのため、

会社で生き残るために、②「自分以外の人間の業績を下げること」をやってしまう可能性があるのです。

この②「自分以外の人間の業績を下げること」というのは、つまり、意図的に人の足を引っ張る行為です。

「人の足を引っ張る」方法は、山ほどありますが、一番怖いのが、生き霊を飛ばす行為です。自分の業績は下がり、相手は、完全犯罪を成し得る…

なので、「仕事が出来なさすぎるが、頑張らない人」とは、なるべく関わらない方が良いのです。

ミエナ
通常、このような方は、会社を去る運命ですが…

参考記事:あなたはなぜ足を引っ張られるのか?【引っ張られない方法】

⑪長年一緒にいるけど、全く存在感のない人

「長年一緒にいるけど、全く存在感のない人」は、実はそこそこ危険です。

なぜなら…

このような人は、長期に渡り、自分の居場所を間違えているからです。

自分の能力、価値観、そして、やりたいことが分からず、誤った集団に属してしまっているのです。

このような人は、ときに孤独を抱えており、苦痛に耐えかねて、周りの人間を恨むケースがあります。この場合、この人を中心に不幸の連鎖が始まる可能性があるのです。

最後に

今回は、私の考える「縁を切るべき人」の11つの特徴を挙げました。当たり前ですが、このブログ記事の対象は全て大人同士の中の話です。

学校に、この考えを持っていくのは誤りです。(人生経験が豊富な人の過ちの方が怖いのです…)

「人生での出会いに無駄はない」と考える方も多いかと思いますが、しかしながら、人間は、人生の寄り道をしてしまう存在です。

自分を磨き、心を成長させ、より良く生きようと思っている人ならば、進むべき道の反対に走る必要はないでしょう。今回の記事が何かのヒントになれば幸いです。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱