許すことは才能【許すことの5つのメリット】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「許すことの5つのメリット」について書いていきます。

許すことは才能

Q.みなさん、会社で、自分の部下がミスして、自分も一緒に怒られたら、その人を許せますか?

他人のミスにより、自分が巻き添えを食らい、痛い目を見るときって、ありますよね。

Aさん
私は、何にも悪くないのに〜。なんで、私の評価まで落ちるのぉ〜

こんなときに、ミスをした人を許す気持ちは、なかなか起きにくいものです。

許すことの5つのメリット

自分が一生懸命にやっていたプロジェクトが、部下のミスによって、破綻した場合、部下には、こっぴどく叱り、次に問題を起こさないように、ちょっとツラい目に遭わせた方が、良いように感じる方もいるかも知れませんね。

何回も同じミスされては困りますからね。この罪の重さを認識させたい…ですよね。

では、

Q.「こっぴどく叱った場合」と「許した場合」で、どちらが、ミスの再発防止に繋がるのでしょうか?

実は、「許した場合」の方が、ミスの再発防止に繋がるのですよね。

理由は、「許す」ことでたくさんのスピリチュアル的なメリットがあるからです。下記に5つご紹介します。

▼許すことの5つのメリット

  1. 自分が「許す」気持ちだと、ミスが起きた原因を冷静に分析できる
  2. 許された相手は、お返しをしたいと思う
  3. 「許す」と自分の株が上がり、相手は、熱心に自分の話を聞くようになる
  4. 「許す」と運気が上がる
  5. 許すと論理的思考ができるようになる
  6. 許された相手は、のびのびと仕事でき、ミスが減る

以上の5つです。1つ1つ解説していきます。

①自分が「許す」気持ちだと、ミスが起きた原因を冷静に分析できる

Bさん
オマエ、また、ミスったのかバカヤロウ!

男性に多いと思うのですが、Bさんのように怒鳴ったときって、怒る感情に身を任せていて、ミスした過去の事象に注視してしまいますよね。

起きた事象に一生懸命に目を向けても、「時を戻そう(ペコパ)」というわけにはいきません。

ミスは、過去に起こった事象であるし、それよりも大事なことに目を向ける必要がありますよね。

1つは「ミスの補填」ですよね。クライアントに迷惑をかけたならば、適切に謝罪が必要ですし、もう1つは、「再発防止策」を考えることです。

ミスしたことを許す行為は、自分の心を冷静にさせ、ミスの対処への最適解を導く、心の状態を整えてくれます。

すごく怒って、怨みや憎しみを伴っても、「ミスの補填」や「再発防止策」について、冷静沈着に考えることはできません。

ミスを「許す」ことで、自分の思考が感情と切り離され、スムーズにミス(起こってしまった事象)に対処できるのです。

②許された相手は、お返しをしたいと思う

私は、6年前くらいに経験があるのですが、部下を本気で叱ったら、会社を辞められちゃったのですよね。これほど、心が虚しいものはないです…

その人のことを思って叱ったのに、「怖い先輩がいる会社」だと思われたのか…辞めますと言い出されてしまいました。

さて、

ミスした当人がどれだけ悪かろうと、叱っても、心に響きません。

叱った内容より、そのときの感情、言い方ばかりに、相手の心が影響を受けてしまうからです。

「この会社で、偉くなって、年収3000万円を目指すぞ!」というやる気が十分にある部下なら良いのですが…反対に

「こんな給料で、こんなにツラい想いをさせられて…割に合わない…」と感じてしまう部下や後輩もいると思います。

では、相手のミスを怒らずに許したらどうでしょうか?ミスの原因、誤った知識を訂正し、「ミスしたからって、クヨクヨするな。一緒にまた頑張ろう」と言えたら、言われた方はどう思うでしょうか?

きっと、自分で反省し、行動を正すと思うのです。

「許す」というのは、「水に流す」ことではありません。プレゼントをすることです。

「許す」というのは、「ミスをなかったことにする」ではなく、反省する相手の気持ちを愛で包む行為なのですよね。それは、愛という名のプレゼントとも言えます。

この無償のプレゼントを贈られた部下は、きっと恩返しのプレゼントをしてくれると思います。自分が困っているときに、協力してくれたりとか…

だから、人を許すのは、自分にもメリットがあるのです。

③「許す」と自分の株が上がり、相手は、熱心に自分の話を聞くようになる

許せる人って、そもそも、心が広く、人間が出来た方です。

許せる人 = 心の広い人、人間のできた人

つまりは、ミスをした人を許せば、「 心の広い人」、「人間のできた人」と思われる可能性があるわけです。

これは、チームリーダー、プロジェクトリーダーにとっては、物事をスムーズに進める上で、ちょっと欲しい”称号”ですよね!?

④「許す」と運気が上がる

「短気は損気」と言いますが、逆を言えば、「許す」行為は運が自分に入ってきます。許す行為を神様も見ていますので、思わぬ幸運なことが舞い込んでくるのです。

Q.「許す心を持った人」 or 「とりあえず叱る人」のどちらかの人と、デートするとしたら、どちらの方が良いですか?

「許す心を持った人」ですよね。「許す」心を持つと恋愛運も上がるのですよね。異性が寄ってきます。

⑤許すと論理的思考ができるようになる

「許す」となると、「許した責任」を自分が負うことになるのですよ。

自分の部下が、次に同じ問題を起こした場合、

上司
君が、ちゃんと叱らないから、ミスが再発するのだ

上記のように、自分がもっと怒られるきっかけになりかねません。

そうなると、徹底したミスの原因究明、再発防止を論理的に考える必要があるのですよね。「次にミスしたら、あなた、減給ね」みたいに脅すことをすれば、なんとなく、解決したような気分になるのですが、「許す」場合は、そうもいかない…

「許す」行為は、怒ることで簡単に解決する問題を、論理的な方法だけで、処理しなければいけないのです。よって、「許す」癖が付いている人は、怒ってばかりの人よりも、論理的思考の癖が身につくのです。

⑥許された相手は、のびのびと仕事できる

ミスして、怒られた人は、恐怖で震えたり、怒った人に苦手意識を持ったりして、仕事に集中できなくなってしまうのですよね。

怒られた人の「恐怖の感情」は、職場に不協和のオーラを放ち、職場内でミスが起きやすい状況をつくってしまうのです。

その点、「許す」行為は、調和のオーラが「許す人」と「許された人」の間で発生するので、職場の空気感もミスが起きにくい環境になります。

最後に

ここまで、「許す」ことのメリットを挙げてきましたが、

許すことは、才能です。

簡単にできることではなく、自分を磨いた人だけが出来る行為です。だから、「許す人」は尊敬されるのです。

もし、職場で誰かのミスを見つけて、怒りそうだったら、許してあげてみてください。「許す人」は、多くの人を団結させ、強いリーダーシップを発揮しますので、きっと自分のキャリアをアップさせてくれると思いますよ。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱