神様と会話する方法

こんにちは、ミエナです。

今回は、「神様と会話する方法」について書いていきます。

神様と会話する方法

Q.みなさん、「神様と会話する方法」を知りたいですか?

「神様と会話する方法」があるなんて、それだけで嘘くさいですよね。

私だったら、「神様と会話する方法」を紹介するブログ記事なんて、絶対に信じません(笑い)。

ただ、「神様と会話する方法」について、本気で考えていくと、「スピリチュアルの本質」が1つ見えてくるのです。だからこそ、敢えて、この「嘘くさい」テーマに本気で挑んでいきます。

そもそも神様って誰?

「神様と会話したい」という人は、この世の中に多いでしょう。そりゃあ、誰だって、「神様と話したい…」って思いますよね。

でも…神様って、誰なんでしょうね。

だって、「神様と会話したいという人」は、神様と話したことないわけですし、姿も見たことない

世の中に、溢れる「神様のイメージ」や、「それっぽい神秘的な写真」も、それが本当に神様を示しているのか判りません…

そんな状態でも、どこからか不思議な声が聞こえきて…

神様?
は〜い。私が神様で〜す。

上記のように、謎の声を聞いたら…

Aさん
Aさん
あっ、神様だぁ〜(感動…涙)

上記のAさんみたいに、感動…なんてことには、なりませんよね。(Aさんは、心の防犯意識が低すぎです)

じゃあ、そもそも「神様の声が聞こえます」って言う人(スピリチュアル・カウンセラー)は、どうやって「その声が、神様である」と分かるのでしょうか…。それは、みなさん、自己申告です。

「きっと、これは、神様の声である」と勝手に決めているわけですよね。だって、誰も、その声の主が神様であることを証明できないのですから。

神様は「10歳くらいの王女様」!?

「神様は、10歳くらいの王女様である」と私が言い出したら、みなさん、ビックリするでしょう。

「気の狂った霊能者め…」と言いたくなると思います(笑い)

でも、もし、あなたが、神様と会話したいのなら…

神様を「10歳くらいの王女様」とイメージすると、ぐっと神様との距離を縮めることができるのです…

どういうことかと言うと…

まず、以下の質問に答えてみてください。

Q.もし仮に、あなた自身が「10歳くらいの王女様」だったとしたら、どういう子どもとお友達になりたいですか?

あなたは、王国のお姫様です。家来も沢山います。とても偉いのです。そのとき、あなたが友達にするなら、どんな子どもが良いですか?

自分の事を、「姫様」とか「王女様」と呼び、自分に完全服従する腰の低い子どもですか?

それとも…

自分のことを「○○ちゃん」と愛称で呼んでくれる、自分を特別扱いしない、気さくな子どもですか?

もし、私だったら、自分のことを特別扱いしない、気さくな友達が欲しいです。心の交流というのは、「身分の違い」を気にしていたら、芽生えませんからね。なので、自分を敬ってくれるのは、家来たちで十分。同世代の友達くらいは、ざっくばらんに接してくれた方が毎日が楽しくなりそうです。

さて、この「10歳くらいの王女様」の気持ちって、実は、神様と同じなんですよね。

神様は、人間に対し、畏敬の念など抱いて欲しいわけではないですし、ましてや、尊敬されたいわけでもないのです。

神様は、「人間ども!頭が高い!私は神様ぞよ!」なんて考えるほど、人格の低い存在ではなく、そういった神様を崇めれば、崇めるほどに、神様との距離は広がる

この事は、「神様と会話する」上で、とても重要なことです。

「神様の声を聞きたい」と願うほどに、その声は聞こえない

そもそも、普通の人は、神様だけでなく、幽霊の声すらも聞くことができません。

なので、多くの人にとって、「神様の声を聞く」というのは、すごく難易度が高いように感じてしまうと思います…

しかしながら、「幽霊の声」が聞こえる人ならば、「神様の声を聞く」というのは、超絶不可能な話ではなくなってきます。それくらい…

「幽霊の声を聞く方法」と「神様の声を聞く方法」は、ちょっと似ているのですよ。(周波数をどこに合わせるかという問題だけ…)

ということもあり、この世には、霊能開発をする人が結構いるのですよね。つまりは、「神様の声を聞く訓練」をする人が大勢いらっしゃるのです。

ミエナ
霊能開発によって、神様と会話するようになるのは、不可能ではありません。

以前に、「霊能開発している人」を霊視したことがあります。

その人は、きちんと自分自身のハイヤーセルフにアクセスし、高波動の存在(神様)だけに繋がるように訓練を重ねていました。

ただ、高波動の存在に繋がることが、イコールで「神様と会話する」ことではないのですよね。

高波動帯(5次元)にアクセスしても、神様が応答してくれるかは、また別の話なのです。そこからは、テクニックというよりも、下記のことが非常に重要となってきます。

  • 「神様の声を聞きたい」という欲を消す
  • 神様を適切に捉える(崇拝しすぎない)
  • 神様を話す理由を自分の中に明確に持つ(勝手に話しかけられるのを待たない)

以上です。

霊能開発の多くが、高波動帯(5次元)にアクセスするだけで終わってしまうので、そこから先に進めない人は多いと思います。

そこから、「神様と会話する」には、テクニックではなく、自分の使命と才能、目的意識と信条が深く関わってきます。だから、最初のうち、神様と会話するコツは、「神様の声を聞きたい」と思わず、「聞こえたらラッキー」と思うくらいの心持ちでいることです。

気さくに考えることで、まずは、低級霊と繋がらない精神性を高めていくと、いつかできるようになると思いますよね。

関連記事:守護霊からの警告サイン!【メッセージを受け取る方法】

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱