低い波動をもらわない方法【波動の低い人から身を守る】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「低い波動をもらわない方法」について書いていきます。

職場に波動の低い人っていませんか?上司、先輩、他の部署の人の中には、人の悪口ばかり言ったり、嫌がらせする人っていますよね。

波動の低い人から、波動をもらわない方法を今回は伝授します。実際に、私がやってる方法ですので、かなり効きます。

職場だけでなく、ご近所、お知り合いに、波動の低い人がいたら、実践してみてくださいね。

波動の低い人を見分ける

低い波動をもらわないようにするには、低い波動の人を見分ける必要があります。

▼低い波動の人の特徴

  • 失言が多い(参考記事:あなたが一番警戒すべき人
  • 職場で明らかに働いていない
  • 悪口が多い
  • 自慢話が多い
  • 自分と自分の家族の話しかしない
  • 機嫌がいつも悪い

上記の人は、波動が低いです。これらの人は、付き合い方を気を付けないと低い波動をもらいます。

低い波動をもらわない方法

波動の低い人を見極めたら、その人から、低い波動をもらわないようにしましょう。ポイントは、下記です。

  1. プレゼントを受け取らない
  2. 目を合わせない
  3. 好かれず、恨まれない間柄を保つ

上記がポイントです。1つ1つ解説していきます。

①プレゼントを受け取らない

波動の低い人からプレゼントを受け取り、そのプレゼントを使用すると、自分の波動が下がります。

なので、プレゼントをもらったら、「捨てる」か「人にあげる」かしてください。

プレゼントがなぜ危険かというと、波動の同調をするスキを相手に与えるからです。プレゼントを受け取ることで「恩を返さなければいけない」と自分が無意識に思わされてしまうのです。

それにより、急激に波動の低い人と同調しやすくなります。

波動の低い人からのプレゼントは、善意に似せた「脅迫」です。

しかしながら、プレゼントを「いらない」と断ると警戒されますので、素直に受け取って、その後、自分では使わず、「捨てる」か「人にあげる」かしてください。

「人にあげる」場合、あげた人に災いが起こりそうと思ってしまうかも知れませんが、あげた人には何も起こりません。なぜなら、贈り主と、プレゼントを譲った人は、何の関係もないからです。

私は、上司から毎年、タラバガニを頂きますが、毎回、実家に郵送しています。

「もらい物だけど、食べてね。」と言ってあげてますが、すごく喜ばれます。

しかし、そのタラバガニを私が食べると、波動の同調が起こるので、私は絶対に食べません。タラバガニの値段の10倍くらい自分が損します。

ミエナ
もらったプレゼントを、贈り主に「人にあげた」とは言ってはいけません。私の場合、上司には「タラバガニを雑炊にして食べて、美味しかった。」と嘘だけど言ってます。

②目を合わせない

目を合わせると、波動の同調が起こりやすいです。ですので、目を合わせないようにしてください。相手の胸元より少し上を見ると、自然に目を合わせないようにできます。

③好かれず、恨まれない間柄を保つ

波動の低い人から、低い波動をもらわないには、好かれてはいけません。好かれれば、接触頻度も増えますし、会話の中での気の交流も多くなります。そのため、自分の波動が下がる機会も多いのです。

しかしながら、恨まれてもいけません。恨まれると、無理やり、足を引っ張られます。生き霊という形で、被害も受ける可能性もあるのです。

参考URL:あなたはなぜ足を引っ張られるのか?【引っ張られない方法】

そのため、

波動の低い人とは、付かず離れずの関係を保つことがベストなのです。

最後に

①の「プレゼントを受け取らない」のが、一番のコツです。プレゼントは、波動の同調がすごく起こりやすいし、自分が欲しかったものを相手がくれた場合、素直に喜んでしまうからです。

しかし、その代償はすごく大きいのです。

「自分が欲しかったもの」を相手がくれたら、それは、人にあげて、自分のお金で、「自分が欲しかったもの」を買ってください。その方が、最終的に安くあがります。

波動の低い人から、もらい物をする場合、「タダより高いものはない」のです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション