コロナにかかったサッシャとの想い出

こんにちは、ミエナです。

今回は、「コロナにかかったサッシャ」について書いていきます。

時事ネタをあまりピックアップしない方なのですが、下記のニュースに触れ、過去を思い出したので書いていきます。

サッシャ、新型コロナ感染報告「発熱と倦怠感ある」

ラジオDJなどで活躍するサッシャ(43)が、新型コロナウイルスに感染したことをブログで報告した。6月30日から今月5日まで、キャストやスタッフ全員が「濃厚接触者」に指定された舞台「THE★JINRO イケメン人狼アイドルは誰だ!!」(東京・新宿シアターモリエール)に出演していた。

日刊スポーツ – 2020年7月11日11時29分

サッシャについて

サッシャ 公式サイト

サッシャをご存じでしょうか?

ドイツ生まれ。飛行機パイロットのドイツ人の父、日本人の母親を持つハーフのタレントで、ラジオDJ、ナレーターで活躍しています。テレビでは『ズームイン!!サタデー(日本テレビ)』、『テレビでドイツ語(NHK教育)』など。ラジオでは、『STEP ONE(J-WAVE)』などに出演しています。

この度、サッシャがコロナに感染したとのことで、無事を祈るばかりです。

私とサッシャ

私とサッシャは、さほど、どうこういう仲でもありません。ただ、この方と一緒にラジオ番組を作った1年間が強烈に、今の自分を作っているような気がして、記事を書きたくなったのです。

コロナ感染と聞き、彼のことを思い出したので、彼の人間性についても触れたいと思います。

10年前の私。27歳で初めてぶつかった壁

ここからは、タレントの「サッシャ」を、私の当時の言い方で、さん付けで「サッシャさん」と書いていきます。

ミエナ
サッシャさんとは、私がラジオ番組の制作に携わっていた約10年前、1年だけお仕事をした仲です。ラジオの制作業から離れてから、まあ、会話すらしていないので、他人と言えば他人なのですが、ちょっとした想い出話をさせてください。

サッシャさんとの出会いは、約10年前のJ-WAVEの朝の番組です。ニュースを取り上げるいわゆるニュース番組で、ビジネスマン向けに放送してました。(ウイダーinゼリーが、一部スポンサーだった。)

この番組は、朝6時〜9時までの3時間番組で、平日の月曜日から金曜日のいわゆる帯番組でした。

あまり知られてませんが、朝6時から生放送の番組を放送する場合、制作スタッフは、前日の深夜0時入りです。つまり、深夜0時〜朝10時までぶっ通しで働くのです。

なので、朝の生放送のテレビ番組を観たら、ぜひ、そこで働く方々にエールを送ってほしいです。朝の生番組に関わる人たちは、前日から寝ずに働いています…。(出演者は朝3時入りくらい…。スタッフの方がもっと早くから準備してます…)

【余談】

朝の生番組は、なぜこんなに入り時間が早いのかというと、瞬時に届くニュースに即座に対応する必要があるからです。例えば、アメリカでコロナの感染拡大の情報が夜に入ったら、アメリカにいる専門家に国際電話を繋ぐ準備をしたり、現地情報を収集したりするのです。

ビッグニュースが入ったら、ずっと前から作っていたニュース原稿を捨て、ビッグニュースの放送に即座に対応します。つまり、放送内容がすぐに入れ替わるのが朝のニュース番組なのです。

このスタッフは、めちゃくちゃ大変です。キャスターも、いきなり準備してない緊急ニュースに対応したりするので、気が抜けないのです。

ときに36時間連続で働く当時の私

私は、この朝のニュース番組で、たしか月曜日と木曜日の担当でした。サッシャさんは、月〜金までずっとメインDJでした。

私ごとですが、当時はこの朝番組と、昼番組、深夜の音楽番組を担当してたので、昼と夜と朝がぐちゃぐちゃになった生活を強いられてました。(上に、当時の自分のタイムスケジュールを記載しました。赤い部分は労働時間です。)

労働時間が長いのと、寝る時間がバラバラです。この異常なシフトで、当時の私は、ストレスで抜け毛がすごく、家で発狂しそうな精神状態でした。

ミエナ
当時の私の一週間の労働時間は、92時間です。過労死するラインが60時間以上となってますので、過労死ラインの1.5倍働いてました。

ニュースに無関心で、いつも怒られる私

サッシャさんの話に戻ります。

サッシャさんは、滅多に放送事故を起こさない、すごく局内でも評判の良い方でした。とにかく、ちゃんとした人なのです。

ドイツ語、英語、日本語を操り、また、政治、スポーツなど時事ニュースに詳しく解説も上手でした。彼は、朝3時入りにも関わらず、遅刻も皆無で、安定して信頼を得る人です。

ミエナ
今回、サッシャさんは、彼の性格からコロナにもきちんと気を配っていたはずです。すごく几帳面な方だからです。それでも、かかってしまったのは、彼が人気者で忙しいからでしょう。早い回復を願うばかりです。

サッシャさんと真逆の私

ニュース番組向きのサッシャさんと当時の私は真逆でした。

当時の私(27歳)は、時事ニュースをよく知らない。政治に興味ない。スポーツ観戦は全くしないという、ニュース番組に携わってはいけないような人間でした。

それゆえ、サッシャさんにもの凄く嫌われたのです。なぜなら、彼にとってJ-WAVEの帯番組は、当時、大抜擢にあたる大きな仕事でした。DJとして出世する一大チャンスだったのです。

当時の私のような無知のスタッフは、自分の足を引っ張る人間なわけです。

そんなわけで、10年前の私は、このサッシャさんに超絶に嫌われてました。

最終的に、そんな私は、サッシャさんに「スタッフ(私)を変えてほしい」と当時の社長に嘆願され、精神をズタボロにされるのでした。

ミエナ
想像するとなんとなく分かってもらえると思うのですが、92時間も働いているとミスを連発するのです。常に眠いですし…。頑張っても怒られるという最悪な時期でした。

サッシャさんの自宅まで誤りに行く私

結局、サッシャさんの私に対する怒りは収まらず、最終的に、私は、サッシャさんに誠意を見せるために、サッシャさんの都内の自宅に謝罪に行きました。

当時、サッシャさんは新婚だったので、キレイな奥さんが玄関にお出になられて、その後、サッシャさんが渋々、出てきました。

急に、一番嫌いなスタッフに自宅に来られたサッシャさん。「もう、いい。分かった。」と、とりあえず、許してくれました…

あのときのトラウマが未だに自分を前に突き動かす

サッシャさんに叱られ、窮地に立たされた当時の心境は、今でも、胸を締め付けます。

今でも、知らないニュースがあると怖いのです。(当時は、ニュースについて詳しくないと怒られるし、戦力外通告される仕事環境下…)

しかしながら、ニュースとはドラマ。根本の仕組み(ストーリー)を知れば、自ずと情報取得数は少なくて済みます。

例えば、政治のニュースは政治の仕組みについて知っていれば、大体、先読みができたり、少ない情報でも、全体像がカバーできるのです。

当時の私は、政治の仕組み、ビジネスや経済の仕組みが理解できておらず、情報に踊らされたのです。

仕事を辞めてから読書家になった

サッシャさんに謝罪した後、たまの休日で屋久島に行き、記憶喪失になる(※)のですが、このラジオの仕事を辞めた後でも、私は、時事ニュース、政治、ビジネスを知ろうとしました。

※参考記事:私の人生を変えた屋久島【重なった6つの偶然】

それは、いつかサッシャさんに会ったら、「未だに、ニュースについて詳しくないのか?」と残念な人間を見るように、言われそうな気がしたからです…(実際には会う機会はない)

仕事を辞めてから数年、常にカバンに5冊くらい本を持ち、めちゃくちゃ本を読みました。数えてないですが、600冊以上読んだと思います(たぶん)。

政治についても、ある程度は、理解できると思います。

ミエナ
あの頃は、毎週、図書館に行っていたので、カバンにいっぱい本が入ってました。1冊ずつ読むのが苦手なので、一度に複数の本をカバンに入れ、並行して読むスタイルでした。

今思うと、このサッシャさんとの想い出は、ツラい断片的な想い出ながらも、自分を鍛えるきっかけとなっていたと思います。

そして、振り返ると

サッシャさんが叱ってくれたことは、遠からず「当時の私に必要な何か」を気付かせてくれたように感じます。そういう意味でも、1年と短い期間でしたが、1つの運命の出会いかと思う今日このごろです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション