「幸せを呼ぶ欲望」と「不幸を呼ぶ欲望」

こんにちは、ミエナです。

今回は、「幸せを呼ぶ欲望」と「不幸を呼ぶ欲望」について書いていきます。

「幸せを呼ぶ欲望」と「不幸を呼ぶ欲望」

Q.あなたは、欲望を持っていますか?

「欲望」というと「人が持つ抑えきれない衝動」という意味合いに聞こえてしまいますが、ウェブ辞書で調べると…

ほしがること。自分のものにしようと熱心に願い求めること。また、その気持ち。

「欲」の意味

「ほしがること」という意味であれば、「欲」という言葉もキレイに聞こえますね。

では、なぜ、私たちは「欲張るな」とか「○○さんって、欲望のかたまりね」みたいに、悪い意味で「欲」を捉えるのでしょうか??

大局的にいえば「欲」があるから、人類は、文化的な成長を繰り返してきたわけですし、「欲」があるから、私たちは、日々、前を目指しているとも言えます。

そんなに「欲」を悪者にして良いのか…この記事は、「欲」についての正体と上手な付き合い方について書いていきます。

「欲」は、なぜ、多くの人にとって「悪」なのか?

「欲」は、多くの人にとって、幸せを破壊するものです。

これは、事実です。でも、その理由を誰も説明できない…だから「欲」というものが、不思議な存在に見えてしまう。

まず、「欲」を理解する上で、知って欲しい法則があります。それは、「幸せになるには、行動の順序が大切である」という法則です。

参考記事:幸せになるには○○が9割【順序と運命の関係】

この法則は、あなたの中に「これから、やりたいこと」、「これから、やるべきこと」があった場合、どの順番で実行していくのかどれを優先的にやるのかで、あなたが、幸せになるのかが決まるという法則です。

例えば、学生さんでしたら、「部屋を片してから、宿題をやるのか…」、「宿題をやってから、部屋を片すのか…」といった単純な選択順序の中にも、選び方によって、その後の幸せ度合いが異なるのです。

大人の方でしたら、判りやすく言うと「世界一周してから、起業するのか」、「起業してから、世界一周するのか」では、同じ起業でも、成功度合いは変化し、人生の行く末は大きく変わります。

あなたが、何かに夢見ているなら、どんな行動から手を付けるのかで、結果は大きく変わってくるのです。

この法則は、幸せになるかは、行動そのものの取捨選択だけではなく「順序」が大きく影響するを示しています。

幸せになるための「最適な順序」を欲望が破壊する

ときに「ゲームをいっぱいやりたい♪」という欲望が湧き起こったとき、この欲望は、ときに、その人の夢を破壊します。

例えば、Aさんが「勉強して、科学者になりたい」という夢を持ち、そのために、勉強時間を確保し、セミナーに参加するという行動目標を立てても、欲望は、あなたの「やることリスト」の中に、割り込んで、夢に繋がる行動を破壊してしまうのです。

Aさん
勉強よりも、今はゲームをやる方が幸せ♪

こんなことを繰り返していれば、当然、夢は叶うわけがありません…

「欲望」は、あなたが進むべき、最適な行動順序を破壊し、狂った行動順序により、不幸になる道を辿ります。

ゲームをやったがために、幸せになれない…そんな人生は嫌ですよね。

使命に進む自分を邪魔するのが「欲望」

人には、それぞれ「今、一番やるべきこと」というのがあります。

それは、あなたが、この世に生まれてきた意味に沿う行動であり、あなたが次のレベルに進むための行動です。

欲望は、そんな使命を果たそうとするあなたの道の前に立ちはだかり、行く手を塞ぐ存在です。

「欲望」に飲み込まれた瞬間に、あなたはゴールを見失い、ひとときの休息を味わいます。休息は、良いことですが、「ゴールまで見失ってしまうほどの休息」であってはいけません。

欲望とは、あなたの生きる意味を見失わせるほどに厄介なのです。

幸せを呼ぶ欲望とは

では、「幸せを呼ぶ欲望」とは何でしょうか?それは、きっと「あなたが、生きる意味」と同一です。

「看護士になって、みんなを苦しみから癒やしたい」なんていうキレイな「欲望」は、きっと、あなたを幸せにします。

自分のゴールに沿った「なりたい自分を欲す心」こそ、「幸せを呼ぶ欲望」と言えると思います。

悪い「欲望」は、なぜ生まれるのか?

たとえ、あなたが、どんなに「欲望」に満ちた人であっても、「本当のあなた」には、「欲望」などありません。

「欲望」が生まれる理由の1つはカルマです。前世から持つ「誤った考え」が、自然と欲望を生み出してしまうのです。

もう1つは、「能力が高いのに、それが評価されない」ときに、「欲望」が生まれます。だから、できる人ほど、欲望が生まれやすいのです。

「カルマ」と「才能」によって「欲望」が生まれるのであって、人は、そもそも魂に「欲望」が渦巻いているわけではないのです。

悪い欲望の消し方

悪い欲望の消し方…うーん…答えなどあるのでしょうか…

人生が絶好調のとき、人は、欲望に流されません。逆に、人生が不調のときこそ、欲にまみれやすいです。

人は、絶対に「過去において、人生が絶好調のとき」があるはずなのですよね。そのときに、なぜ、自分が欲に支配されなかったのか…そして、そのとき、どんな感情を「欲である」と理解したのか…このことを考えてみると、今やっている何気ない行動が「欲望」に紐付くのかが判ってきます。

このように、過去と比較して、自らの行動を振り返っていくと、現状の欲望を制御しやすいのです。

また、欲望の原因は、各々の使命に逆らった「カルマ」の存在、そして「才能」の使い方によって湧き起こります。そのため、自分の「使命」や「カルマ」、「才能」が何であるかを知ることも重要です。

ミエナの個人セッションでも、各々の「使命」「カルマ」、「才能」についてお伝えできますし、それに応じて湧き起こりやすい「欲望」と対象方法についてお教えできますので、ぜひ、ご利用ください。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱