魂の成長

こんにちは、ミエナです。

今回は、「魂の成長」について書いていきます。

この記事テーマに関しては、こまこさんよりご質問いただきました。

よく、スピリチュアルで「魂の成長」という言葉を目にしますが、そもそも魂は何を目指しているのですか?

何のために成長する必要があるのでしょうか?

スピリチュアルの世界では、「悩みや苦しいことがあるのは、魂の成長のためだから、頑張って乗り越えよう」とありますが、あんまり苦しいと、こんな思いをしてまで、どうなりたいのよ?と考えてしまいます。

こまこさん、ありがとうございます。いや〜、すごく深いご質問ですよね。

この記事は、スピリチュアルの上級者向けの記事となります。ご容赦ください。

ミエナ
できるだけ、分かりやすく説明します。

魂の成長

まずは、「魂の成長」というのは、「波動を上げること」とイコールです。私たちは、「波動を上げること」を目的に生きています。

私たちの日常生活は、ただただ時間が流れて、そして、最後に死んでいくだけものでなく、心を磨き、「波動を上げること」ということがテーマになっているのです。

人生における時間とは、ただタバコを灰に変えるだけのものではない

この名言を言った人の名前を忘れてしまいましたが、この言葉を知った高校当時、私はすごく感動したことを憶えています。

人は、時間の中で、「魂の成長」を促すことで、喜びも悲しみも、意味のある存在に変えていくのです。

毎日、楽しいことばかりだと、日々の「何気ない喜び」に気づきにくい

ことこさんのご質問より>

あんまり苦しいと、こんな思いをしてまで、どうなりたいのよ?と考えてしまいます。

ことこさんのこのメッセージは、すごく核心を突いています。もっと深掘りしていきます。

苦しいときは、「この苦しみが永遠に続く」と考えてしまいます。

でも、この苦しみを乗り越えたとき、今まで、「当たり前の日常が幸せである」ことに気付きませんか?

BUMP OF CHICKENの「supernova」という曲に、こんな歌詞があります。

熱が出たりすると 気付くんだ 僕には体があるって事

風邪で熱が出て、苦しんだときに、「あっ、健康だったときには、気付かなかったけど、僕には身体あったんだ」と、健康であることの喜びと、生きている実感に気付きますよね。

普段は、気付かない「自分の身体の存在」、「健康のありがたみ」。それらは、風邪という苦しみにより気付かされる…

参考記事:あなたは、なぜ病気になるのか?【2つのスピリチュアル的な要因】

反対に、毎日、楽しいことばかりだと、この「楽しい日々」の喜びに気づきにくいのですよね。

人間はプロセス(上級者向け)

もっともっと核心に迫りますね。

ミエナ
分かりやすくご説明するのが不可能な領域ですが、できるだけ、分かりやすく説明していきたいと思います。(分かりにくかったら、すみません…)

人間というのは、プロセスの1つなんです。

この世界は、「波動を上げる」ために存在し、私たち人間は、この世界の波動を上げるための1つのプロセスです。

超絶に話がややこしいですが…

ここで、分かりやすくご説明するために、ブルーハーツの「情熱の薔薇」の歌詞を引用します。

永遠なのか本当か 時の流れは続くのかいつまで経っても変わらない そんな物あるだろうか

「いつまで経っても変わらない物」ってありますか?例えば、家にある本を1冊とっても、100年後には、ボロボロになりますよね。

机の上のペンも、1億年後には、砂になっているかも…

私たちが、普段、「名詞」だと思っているものは、すべて「動詞」なんです。なぜなら、時とも変化するためです。

言葉もそうです。40年前のウォークマンを販売開始した時代の「ソニー」、現在の「ソニー」は、異なりますよね。同じ「ソニー」という固有名詞も、意味(概念)が異なります。

左:1979年 発売の初代ウォークマン TPS-L2 / 右:2021年発表のソニーのドローン Airpeak

「固有名詞」でさえ、時代とともにその意味が変化する…

これは、この世の全てが、プロセスの一部であることを示しています。何のプロセスかというと、「波動を上げる」というプロセスです。

人間も同じく、「動詞」です。

それは、私たちが「波動をあげるためのプロセス」そのものだからです。

うわぁ〜。説明が難しい

「波動をあげるためのプロセス」を身近な物に例えると、「川」なんです。この中で、人間は、「川の中の一滴の水」なんです。

人間とは、ただの「一滴の水」ではなく、「波動をあげるためのプロセス」という川の中の「一滴の水」。

この世界(宇宙)は、混沌から調和へ向かう

この世界は、「混沌から調和へ向かうプロセス」の中にいます。そのプロセスの1つが、私たち人間です。

だから、魂の成長というのは、個々人の問題ではなく、大きなプロセスの中の課題なんですよね。

このプロセス全体(川)を管理しているのが、サムシング・グレートということになります。いや、サムシング・グレートよりももっと、上の上の神様かも知れない。

ミエナ
サムシング・グレートについては、下記の記事で詳しくご説明しています。
参考記事:【第二弾】コロナについて神様に訊いてみた

私たちの世界が、「川」である限り、人間は、流れることを求められています。混沌(川上)から調和(川下)へ向かう。

ですので、川下から川上に逆流しようと思えば苦しみ、川上から川下に流れれば幸せを感じます。

この世のすべてが、川のように流れるプロセスの中におり、プロセスの中の一部である私たちは、プロセスから抜け出せない。それは、私たち自身が、プロセスそのものだからです。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱