幸せって何?幸せな人にあって、不幸な人にないもの

こんにちは、ミエナです。

今回は、「幸せって何?」をテーマに書いていきます。

幸せって何?

Q.あなたにとって、「幸せ」とは何ですか?

人によって、様々な答えがあると思います。

  • おいしい物を食べる
  • 趣味の時間を楽しむ
  • 旅行に行く
  • 家族団らん
  • パートナーと一緒にいること
  • お酒を飲む
  • 子どもと一緒にいる
  • 買い物に行く

上記のように、たくさんの「幸せ」の在り方があると思います。

でも、この宇宙における「幸せ」の定義は…たった1つだけ!

幸せ = 暇(ひま)ではないこと

地球に住む人間だけではなく、神様も天使も宇宙人もみんな…この定義が当てはまると思うのです。

Aさん
絶対に嘘だ!私は、暇を楽しんでいるし…

上記のAさんのように考える人も大勢いらっしゃると思いますが、下記にて詳しく説明していきます。

やることがない…それだけで寿命は短くなる

とは、「やることがない状況」を指します。この暇こそ、魂における最大の苦痛なのです。

多くの人は、人生全体で「やらなければいけないこと」をたくさん抱えています。

学校では宿題をやり、授業でたくさんのことを覚えます。学校を卒業すれば、お給料をもらうために働きます。また、結婚し、子どもが産まれれば、子育ての義務と責任も生じるのです。

だから、私たちの人生は、暇になることがありません。それは、とても幸せなことです。

  • 教育を受けている期間(最低でも9年)
  • 仕事をしている期間(人によっては40年以上)
  • 子育て期間(最低でも15年)

一方で、男性未婚者平均寿命をご存じでしょうか?

実は、67.2歳なんです。男性全体の平均寿命は81歳なので、およそ14年も若くして亡くなる計算です。

67歳と言えば、仕事は定年を迎え、年金暮らし…その上、妻も子どももいないとなれば、「やらなければいけないこと」は多くはありません。

暇によって、寿命が削られているのです。

ミエナ
某大手企業は、未だにリストラさせたい社員に対し、窓際に追いやり、仕事をさせないことで、準強制的に退職を迫ります。それによって、当人は、鬱病を発症したり、ときに自殺してしまう…暇こそ、心を破壊するものなのです。

魂は、3つの「Y」で活性化する

私たち人間は日々、3つの「Y」の中で生きています。

  • やるべきこと(未来への投資 = 希望)
  • やらなければいけないこと(責任感や義務感)
  • やりたいこと(モチベーション)

それぞれ上記の頭文字を取って「3つのY(ワイ)」です。※ミエナの造語です。

しかしながら、「やりたいこと」は年齢を重ねるごとに少なくなり…仕事が定年を迎えると「やらなければいけないこと」も大幅に減少します。そして、「やるべきこと」も特にない状態になっていく…

この状態こそ人生最大の恐怖…「暇」な状態なのです。

ミエナ
人間の魂は、エンジンのように常に振動しており、その振動を生み出しているのは、この3つの「Y」です。

幸せな人は、暇ではない

幸せな人は、「やりたいこと」がいっぱいある人です。

これは、生きることへのモチベーションが高い状態であり、「心の若さの象徴 = 青春」とも言い換えられるでしょう。

生きることへのモチベーションは、年齢を重ねる度に衰えていくため、常に自分の心を鍛え、やりたいことを見つけていく必要があります。

暇になると依存症になりやすい!

人は暇になると、人間の本性(欲望)が、徐々にむき出しになってきます。失業中のお父さんが子どもに暴力を振るう話は昔からよく聞きますよね。

  • 暴力(残酷)
  • ギャンブル(陶酔)
  • 万引き(陶酔)
  • 性犯罪(性欲と残酷)
  • 薬物依存(陶酔)
  • アルコール依存(陶酔)
  • 過食症(食欲)

※上記の残酷、性欲、陶酔、食欲という人間の欲望を示すもので、哲学者 ニーチェの言葉を参考にしています。

一時の「暇」なら心へのダメージは大きくないのですが、長期間に渡って暇な状態が続くと、徐々に心は再起不能になってしまいます。また、暇というのは、金運さえ奪い、経済状況にも大きな悪影響をもたらすのです。

「やりたいこと」は、生涯をかけて探す価値がある

人生の大半は「やらなければいけないこと」が占めています。学校、仕事、子育て…そうしている間に、人は「やりたいこと」を考えることを疎かにしやすいのです。

「やらなければいけないこと」は、歳を重ねる度に減ってきます…そして、それがなくなり始めたときに、「やりたいこと」を考えても遅いのではないでしょうか。

幸せ = 暇(ひま)ではないこと

これは、全宇宙共通の法則です。

だからこそ…

「やりたいこと」とは、生涯をかけて探す価値があることなのです。

現状、忙しい人ほど暇の恐ろしさに気付いていないように感じます。暇の恐ろしさをぜひ、ご理解ください。

仮に…

あなたが、他人に殺されようと魂は死にませんが、でも、暇によって、魂は取り返しのつかないダメージを受けます。

「暇」に襲われやすい人のスピリチュアル的な特徴

人は、生まれながらに「暇」にならないように、人生が構成されています。

それは、誰しも「やりたいこと」や「やらなければいけない使命」を魂に刻んで、この世に誕生してくるからです。子どもの頃を思い出してください。「やりたいこと」がいっぱいあったでしょう。

これらは、「神様からの宿題」と深い関係があります。詳しくは下記の記事をお読みください。

関連記事

こんにちは、ミエナです。今回は、「神様からの宿題」というテーマで記事を書いていきます。神様からの宿題個人セッションをしていると、すごく思うことがあって、必ず、みなさん一人ひとり、神様から宿題[…]

ミエナ
「やりたいこと」や「やらなければいけない使命」を持たない魂は、基本的に、この世に人間として生を受けません。生きることへのモチベーションが低い場合、折角、人間として産まれてきても、大人になると自殺してしまうためです。

ただ…スピリチュアル的に、「暇」に襲われやすいタイプの人は存在します。下記の3つのタイプの人です。

  1. 波動が低い人
  2. 固定観念が強すぎる人
  3. 一部のスターシード

上記の3タイプの人です。

それぞれ詳しく説明していきます。

①波動が低い人

人は基本的に3つの「Y」を潜在的に抱えています。そのために、常に生きるモチベーションが高いのです。しかしながら、このような潜在的なモチベーションは、心の奥に存在します。

そのため、心の奥にアクセスできない人は、自らの「使命感」に目覚めにくいのです。そうなると、人生後半で、暇になっていきます。

基本的に、波動が低くくなるほど、心の奥へのアクセスが難しくなり、本来の「生きるモチベーション」を見出しにくくなります。「生きるモチベーション」を見失うことで暇になり、人間の本性、欲望が向きだし状態となることで、犯罪行為に繋がりやすいのです。

②固定観念が強すぎる人

「人生の意味」を間違えて、心に刻んでいる人は、「生きるモチベーション」を見失うことがあります。「お金が一番!」、「権力が欲しい」など、人生の意味を潜在的な自分と異なる方向で導くことによって、自らの「使命感」から離脱してしまうためです。

このような状況は、挫折を生み、人から見放され、暇になりやすいのです。

③一部のスターシード

一部のスターシードの中には、「地球人に転生したくなかった人」も存在します。祖国の星での事情により、地球への転生が自らの意志に反して決まってしまった人です。

人数としてはすごく少ないのですが、何を隠そう私、ミエナがこのタイプです。

関連記事

こんにちは、ミエナです。今回は、「前世と使命を知るまでに起こったこと」をテーマに、私が自分の前世と使命に気付いた一連の経験を書いていきます。これ系の話は、変な宗教家が、信者獲得のために盛る話でもあるので、あまり書こうとは思[…]

地球人に転生したくなかったわけですから、そもそも生きることへのモチベーションが低いのですね。ただ、生きながら天界から強制的に「生きることへのモチベーション」を湧き起こさせられます。

そのため、不思議なことが起きやすい…

簡単に言うと、人生が暇にならないように、無理矢理、調整させられます。

関連記事

こんにちは、ミエナです。今回は、私の記憶喪失のきっかけとなった10年前の屋久島旅行の不思議な話をさせていただきます。屋久島に行った4ヶ月後に記憶喪失になりました。屋久島に行った直後から自分の精神に異変があったので、私の霊能[…]

千年杉

ハイヤーセルフにアクセスし、暇を回避しよう!

「暇」を回避するには、ハイヤーセルフにアクセスすることが一番、容易でしょう。

「自分が本当にやりたいこと」を心の奥から見つけ出すのです。

そのためには、ミエナが行っているイメージワークがおすすめです。

瞑想によっても、ハイヤーセルフにアクセスできるのですが、訓練が必要なのです。瞑想の行為自体は簡単ですが、心の奥に入るにはコツが入ります。

その点、イメージワークは誰でも簡単にできますので、ご希望の方は、ミエナの個人セッションにお申込みください。(ご相談内容の欄に「イメージワーク希望」とご記入ください。)

ミエナ
ミエナ
あなたのポチッが励みになります。人気ブログランキングへの投票をお願いします!
スピリチュアルランキング