【第二弾】コロナについて神様に訊いてみた

こんにちは、ミエナです。

今回は、「コロナについて神様に訊いてみた」の第二弾を書いていきます。

・関連記事①:【第一弾】コロナについて神様に訊いてみた
・関連記事②:【第三弾】コロナについて神様に訊いてみた
・関連記事③:【第四弾】コロナについて神様に訊いてみた

なぜ、神様はコロナを起こしたのか?

前回の記事「コロナについて神様に訊いてみた」で、私は「コロナの蔓延には、多くの上位にいらっしゃる神々が関わっておりました」と、神様がコロナを蔓延させたと書きました。

この内容から、「私たちを幸せにする神様が、なぜ、私たちを不幸にするの?」と多くの方が思ったことでしょう。

Aさん
神様がそんな無慈悲なことをするわけがないっ
Bさん
神社にいつも参拝して、平和を願っているのに、なんで、この神様が人類を不幸に陥(おとしい)れるの?
Cさん
神様は無慈悲だ。なんか信用できない…

こんな風に、思われた方も多いでしょう。実は、これは私の説明不足が原因でして、この記事では、「本当に神様は無慈悲なのか?」にテーマを絞って書いていきます。

神様はいっぱいいる

「神様」という言葉が抽象的すぎて、

一言で「神様」と言っても、いっぱいいらっしゃいます。

上記の図を見てください。多次元世界を図にしました。上から順に波動が高い世界を指しています。私たちの住む世界は、一番下です。「現実界」と書きましたが、「物質界」、「三次元世界」とも言います。

ミエナ
私たちのいる「現実界」の波動が低いのは、私たちの波動が低いからではなく、波動の低い世界に、私たちが修行のために訪れているからです。

私たちの住む現実界の上に、幽界があり、その上に、守護霊様がいる霊界があります。霊界の上に神界があり、天使や神様が存在します。

実は、あまり語られることがないのですが、神界の上に「???」があります。言い方が分からないので、私が勝手に「???」としましたが、神界のさらに上に高次元が存在します。

この神界の上の次元に存在するのが、サムシング・グレートです。

サムシング・グレートとは何か?

▲多次元世界の図を拡大したもの

サムシング・グレートとは、その名のとおり、「偉大なる何者か」です。言葉の定義が人それぞれなのですが、この記事では、神様より上にいる存在と定義して書いていきます。

ミエナ
サムシング・グレートという言葉を作ったのは、筑波大学名誉教授の村上和雄氏です。

私たちが知っている神社の神様、キリスト、仏陀より上に存在する人がいるわけです。

このサムシング・グレートこそ、コロナを蔓延させた存在です。

サムシング・グレートは、何も悪の存在ではなく、究極の善の存在です。生と死をつかさどるために、我々、人間からみれば、理解不能な次元を超えた存在でしょう。

例えるなら、手塚治虫の代表作『火の鳥』に出てくる火の鳥に近いです。生と死の垣根を越えて、宇宙全体の波動を上げようとする存在です。

ミエナ
映画『もののけ姫』に出てくるシシ神(鹿に似たキャラクター)にも近いですね。(ぱあやんさん、教えてくれてありがとうございます。)

サムシング・グレートは、「死」だけを取り上げるだけでなく、「生(せい)」もつかさどります。つまり、

私たちが、元気に暮らせるのもサムシング・グレートのおかげなのです。

生と死の両方をつかさどるので、混乱しちゃいますが…

サムシング・グレートが、世直しの目的でコロナを蔓延させる

サムシング・グレートが、コロナ蔓延を運命付けています。だからと言って、

サムシング・グレートがコロナを創造(製造)しているのではなく、コロナ禍が訪れるように、運命を動かしているわけです。

サムシング・グレートは、人間に殺意を抱いているのではなく、私たちの不滅の魂の浄化を目的とし、コロナ禍を引き起こしています。

これまでの戦争、事件、飢饉、災害も、サムシング・グレートによるものです。稀にサムシング・グレートが引き起こしていなくとも、危機は起こることもあります。しかしながら、多くはサムシング・グレートにより導かれています。

ミエナ
サムシング・グレートの行動は、霊視できません。しかしながら、易学、占星術、予言などにより、危機を予測しようという試みは、歴史の中でいくつも行われてきています。

人間を守ろうとする神様

サムシング・グレートの無慈悲な運命によって、人間は為(な)す術はなしのでしょうか?実は、違います。

サムシング・グレートは、大局観で物事を捉えます。大きく世界を捉え、運命を決める存在です。ですから、細かい各個人や国家の運命は、サムシング・グレートの下の神様が担います。

サムシング・グレートが「生と死をつかさどる存在」なら、

神界の神様、天使、守護霊は、「人間が、より良く生きること」をメインに活動します。

つまり、サムシング・グレートが、コロナを人類に蔓延させようと、細かい調整は、神界の神様、天使、守護霊が担うのです。そのため、神界の神様たちはできるだけ、人々を救おうとします。

ここで、「行いの良い人は救われる」みたいなことが起こるのです。サムシング・グレートの決定により、みんなが苦しむのは、おかしいと考え、運命の調整を行い、救うべき人を救うのが、神界の神様たちです。

無碍(むげ)な運命から人々を救う神界の神様たち

運命とは時に残酷です。それは、私たちを見守っている神界の神様たちも同じ気持ちです。

だから、神様たちは、ツラい運命から私たちを救おうとします。

みなさんは、奇跡的な生還をしたことはありますか?

  • 交通事故を起こしたのに、奇跡的に助かった
  • 病気で生死をさまよったが助かった
  • 乗り遅れた電車が、脱線事故を起こした などなど

上記の多くは偶然ではなく、神界の神様たちが救っています。神界の神様たちは、運命を調整して、人々を救っているのです。

ミエナ
私が4歳のときに経験した奇跡的な生還の話は、記事「32年間、心に封じた不思議な体験」に書いています。お時間あるときにどうぞ。

神様は私たちの味方

日本国民のほとんどが無宗教と言えども、私たちの多くは初詣に行き、家族の健康を祈ったり、受験合格を祈ったり、恋愛祈願したりします。

それは、

神界の神様や守護霊様たちが、「より良く生きる」ことを重視しており、生きることを通じて、人間の波動を上げようとしている存在であり、その恩恵を私たちが無意識に感じているからです。

だから、コロナ禍であっても、神様や守護霊様たちは、私たちの「生きる」気持ちを敬っており、そして、サポートしているのです。

この記事には、続編がございます。ご興味ある方は、ぜひ、記事「第三弾 – コロナについて神様に訊いてみた」もお読みください。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱