とても不幸だけど、助けられない人【前世が犯罪者だった場合の運命】

こんばんは、ミエナです。

今回は、「とても不幸だけど、助けられない人」をテーマに書いていきます。

この世の中には、いろいろな人がいます。大して努力もせずに成功する人。反面、いい人なのに、不幸が続く人などです。

「人生は不平等」だなんて思ってしまうことがありますよね。

「人生は不平等」は真実

神様がいらっしゃるなら、なぜこのような不平等な世界を創ったのでしょうか?

実は、「人生は不平等」は真実だが、「前世を含めると平等」だったりします。

今世の大金持ちは、前世で貧乏。

前世で貧乏な人は、今世で金持ち。

こんな具合です。今世だけでみると、大変な所得格差がありますが、前世を含めて平均化するとだいたい同じくらいになったりします。

つまり、神様から与えられているものは、長い魂の時間の中で平等なのかもしれません。(検証してないので想定・・・)

前世の犯罪者は救えない

今世でツライ人生を歩むのは、前世に犯罪を犯した人です。

前世で生きている間に罪を償えば良いのですが、罪を償わずに生まれ変われば、今世で不幸な人生が待ち受けています。

前世に犯罪を犯した人においては、今世はまるで刑務所でしょう。

刑務所はツライです。それにシャバにいる家族や友人は、簡単には手を差し伸べられません。

前世に犯罪を犯した人も同じです。ツライ人生と合わせて、誰も助けてはいけないのです。これは、霊界のルール。

だから絶対に、犯罪を犯してはいけない。犯してしまったら、今世で罪を全部償いましょう。来世こそ地獄です。

ミエナ
前世で犯罪を犯した人に手を差し伸べても、プラスの効果を与えることができません。つまり、ツライ状態を脱出するには、自分の足だけで立ち上がり乗り越えなければいけないという過酷な試練が待ち受けます。

「徳」を積む人。「徳」を借金する人。

「徳」をご存知ですか?

徳(とく)は、人間の持つ気質や能力に、社会性や道徳性が発揮されたものである。

Wikipedia – 徳

徳は「もの」です。

私は「徳」をお金と一緒だと思っています。徳を積めば貯まる。いいことをすれば貯まるのです。

ミエナ
お金の単位が「円」ならば、徳の単位は「徳」でもいいかもしれません。1,000徳など。

徳を積めば何が起こるかというと、神様が願い事を叶えてくれます。

「徳」とは簡単に言えば、神様に使用できるお金です。

「神様、結婚相手と出会いたいです。」こんな願い事をした場合、徳が高ければ叶います。(※)

しかし、「徳」がないと、神様にお支払いするお金がないので、叶わないのです。「徳」はお金なので、いっぱいあればあるほど、願いが叶うことになります。

ミエナ
前世が名家でお金持ちでも、今世は前世のお金の相続はできません。反対に前世の借金は、今世で帳消しです。

しかし、「徳」は、前世とか今世とか来世の壁を突破し、魂単位で貯蓄されます。つまり、前世での「徳」は引き継げるのです。

しかし、残念なことに、どんないいことをしても「徳」が貯まらない人がいます。それは、前世に犯罪を犯した人です。

前世に犯罪を犯した人は、「徳」を持っているというより、借金しています。そのため、どんないっぱい徳を積んでも、「徳」はマイナスなのです。

つまり、神様にお願いをしても叶いません。

いっぱい社会貢献しても、「徳」の借金を返済するのに使われ、常に「徳」がないのです。

いいことをしても報われない。

こんなキツいことはありません。

しかし、こんな苦しみに喘(あえ)ぐ人を、助けることはできません。囚人は刑務所で罪を全うしなければいけないのだから。

助けることは脱獄を手伝うのと同じ。だから、何もできないのです。

犯罪は絶対に犯してはいけない

前世に犯罪を犯した人が、今世にどのような運命になるのか、私は、霊視を通じてそれを垣間見ることができました。

今世で犯罪を犯し、もし、仮に捕まらずに逃げ切ったとしても、来世の人生100年は地獄です。

警察から逃げられても、この世の見えない法則から逃げられない。

犯罪を犯すことは、ある意味、自分を殺すことです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション