耐えがたい苦しみは、前世の罪のせい?【違うと言える5つの理由】

  • 2021年3月15日
  • 2021年3月19日
  • 運命
  • 0件

こんにちは、ミエナです。

今回は、「耐えがたい苦しみは、前世の罪のせい?」をテーマに書いていきます。

壮絶な人生を歩む人たちにとっては、今の耐えがたい苦しみの理由を「前世の罪」による影響であると思いたくなるかも知れません。

しかしながら、私は、それを99%否定したいと思ってます。

「前世の罪」で苦しむ人は1%以下

あまりの人生の苦しさに、思わず自分の過去世を疑うことは、誰しも1回はあるのかも知れません。(ちなみに、私は、過去世を疑ったことはない…)

Aさん
Aさん
まさか、私は、前世で人を殺し、今世では罰を受けているのか?

あまりにも、理不尽で先が見えないとき、上記のように思うこともあるかもしれません。

しかしながら、

私が多くの方を霊視した結果をいうと、「前世の罪」で今世の人生が狂うパターンは0.5%以下です。

ミエナ
ちなみに、その0.5%の人について、具体的に書いた記事があります。参考記事として挙げさせて頂きます。

とても不幸だけど、助けられない人【前世が犯罪者だった場合の運命】

「前世の罪」は関係ないと言える5つの理由

今、起こっている苦しみの99%は、「前世の罪」とは関係ありません。

このように言い切れる理由を5つ挙げていきます。

  1. そもそも「前世の罪」を犯してなくても、人生は、そこそこツラい
  2. 自分だけ酷く苦しい人生だと思い込んでしまう
  3. 「前世の罪」を犯してなくとも、偶発的なアクシデントにより限度を超えた不幸は起こる
  4. 前世で殺人を犯す人は山ほどいる(時代背景により許容される殺人)
  5. 人間の脳は苦しみに慣れることで、限度を超えた苦しみを生み出す

上記について、1つずつご説明していきたいです。

ミエナ
この記事で言いたいことは、「自分の過去世を疑っても無駄である」ということです。今の苦しみを「前世の罪」のせいにする怖さを真実を通して伝えたいです。

①そもそも「前世の罪」を犯してなくても、人生は、そこそこツラい

この世に、私たちが生まれる理由はほぼ例外なく「自らの魂の成長」のためです。

この「魂の成長」においては、自分の想像を超えた苦難でないと、成長は促されず、そのため、誰もが厳しい試練と向き合います。

そして、私たちの運命をガイドする守護霊様は、この試練における逃げ道を用意せず、安易に避けられないよう、運命を前に進めるのです。

例えますと、プロレスのリングに上げられて、リングの外に出られない状態にさせられるのです。この八方ふさがりの状態に、誰しも例外なくもがき苦しみ、葛藤します。

厳しい試練かも知れませんが、「良薬は口に苦し」とも言えるでしょう。

ミエナ
前世で素晴らしい功績を残そうとも、今世の苦難の道は、自分が産まれる前から計画され、逃げ道は塞がれているのです。

②自分だけツラい人生だと、誰しも思う

私は、自分が、個人セッションを通じて、人様の悩みに触れるまで、自分こそが、不幸の頂点にいると思っていました。不幸に不幸が上塗りされたとき、誰しもこのように思うでしょう。

しかしながら、「隣の芝生が青く見える」と言うように、それは真実ではなく、実際は、この世には、自分の想像を超えた不幸な方々が大勢いらっしゃいます。

私は、ワーストどころか、まだ幸せな方か…そんな風にも思ってしまいました。

あり得ないほどに不幸な人ほど、苦しんでいない

この世は、本当に不思議で

壮絶な人生の方ほど、精神が鍛えられ、幸せそうでした。

人生を受け入れて、運命に対して、開き直っていたのです。小さいことで、「自分は、日本一不幸だ」と思ってた自分は、精神が弱かっただけかも知れません。

ですので、今、ツラい人生の方は、さらに、もっともっとツラくなると、逆に、「運命に対して開き直ってしまう」のかも知れません。

あり得ないほど不幸な過去を持つ人は、逆に強靱な心を持ち、逆に誰よりも幸せになる素質を持つ

のかも知れません。

③「前世の罪」を犯してなくとも、偶発的なアクシデントにより、限度を超えた不幸は起こる

「前世の罪」で、今世が苦しい人は、魂レベルで言えば自業自得です。しかしながら、「前世の罪」を犯してないのに、あり得ないほどに苦労する人もおります。

これの典型例が悪霊の憑依です。

過去に、たまたま旅行先で憑依されたり、幼少期の純粋なときに近所で憑依されたり…たまたま霊と出会い、たまたま波長が合って、憑依され…

これは、あり得るのです。

ミエナ
悪霊に憑依されているケースは、私の個人セッションでは、5%以下です。「不幸 = 憑依」ではない点にご注意してください。

しかしながら、憑依で長期間にわたり、人生が狂ってしまった場合、来世は幸せになると思います。スピリチュアルなバランスが、魂レベルで取られるのです。

④前世で殺人を犯す人は山ほどいる

現代社会で「殺人」は重罪ですが、長い人類史の中では、「殺人」も理由によっては許容される時代もありました。ましてや、戦争となると愛する者を守るために、敵軍を殺さなければいけません。

そのように、「殺人」をひとくくりで、「悪」と言えないのも確かです。

ミエナの個人セッションでのご相談者の中に、前世は兵士だった方は、複数名おられました。愛する家族を守るために、命をかけて戦う姿は、そこに邪心などありませんでした。

もちろん、「前世の罪」など背負っていません。生きることと死ぬこと、敵と味方の違い等、戦争を通じて高い倫理観を持っています。

現代の殺人鬼とは雲泥の差です。

⑤人間の脳は苦しみに慣れることで、限度を超えた苦しみを生み出す

今、本当に精神病で苦しむ方の多くが、私はこのパターンだと思ってます。過去の尋常ではない苦しみの結果、苦しむことから抜け出せない状態が出来てしまった方です。

人間の脳は、「日常」を維持する脳の機能があります。幸せな日常が続けば、幸せな日常を維持しようと、脳が勝手に「幸せな日常」を引き寄せます。

しかしながら、「不幸な日常」が長期に続くと、不幸ではないことに違和感を感じ、幸せになっても、逆戻りしてしまうのです。

脳科学では、このことをコンフォートゾーンと言います。

自分の無意識により、自分を不幸にするプロセスが働くので、不幸に不幸が上塗りされていきます。よって、尋常じゃないほどに、状況は悪化するのです。

これはもう、「前世の罪」とか、「スピリチュアル的にどう…」とかでなく、人間の本能による苦しみの連鎖です。

人間は、苦しみに慣れてしまうように出来ているのですよね。

苦しみが続くと、その苦しい状態が、心地よい状態となり、苦しい状況を自ら望んで維持してしまうのです。

ミエナ
引きこもりの人は、引きこもりの状態を維持することで、安心感を感じてしまいます。本来、正常である「外出すること」を異常だと思うことで、社会的自立が難しくなってしまうのです。

関連記事:一瞬で自分を変えるのは不可能

最後に

上記の①〜⑤の中で、圧倒的に⑤「人間の脳は苦しみに慣れることで、限度を超えた苦しみを生み出す」が重いです。

スピリチュアル的に一時的に回復しても、人間の本能で逆戻りするからです。すなわち、長期的な治療が必要ということになります。

多くの方は「前世の罪」とは関係ない

多くの方は、「前世の罪」とは関係なく生きております。ですので、今の苦しみを乗り越えることだけに注力し、前を向いていただきたいと思います。

最後になりますが、「前世の罪」が人生に関係なくとも、前世は、今世に大きく影響します。ですので、さらに前世について知りたい方は、下記の記事も参考にしてください。

参考記事:前世は、今世にどれくらい影響を与えるのか?【前世とは何か】

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱