高野山に霊能者が行くとこうなる【ウンチク無しの旅レビュー】

こんにちは、ミエナです。

2019年12月6日(金)〜2019年12月8日(日)の間、和歌山県の高野山に行ってきました。

この短期間の旅をレビューしたいと思います。

さて、簡単に高野山について簡単にご説明すると、高野山はユネスコ世界遺産に登録された日本の仏教の聖地です。恐山や比叡山と並び、日本三霊山の1つでもあります。

山中にあることから、別名「天空の聖地」とも言われます。

会社帰り!横浜から堺東(大阪)へ夜行バスでGO(乗車時間 / 7時間10分)

花の金曜日に広告代理店の仕事を終え、そして、霊能者として個人セッションをやり、居酒屋で酒を飲み、夜行バスに飛び乗りました。

ん〜。ちょっと無茶苦茶。

さて、関東の人が高野山を土日だけで観光しようとすると、夜行バスはとても便利です。私のように、金曜日夜に出発すれば、朝8時には高野山まで着くのです。

夜行バスの料金は9,400円。電車より5,000円安い

私は、金曜日の22時50分に横浜から出発。大阪の堺東駅には、翌6時00分に到着しました。到着したときは、まだ、外は真っ暗。凍えるような寒さです。

さて、高速バスの料金は 9,400円でした。新幹線だと14,000円くらいで行けますので、高速バスの方がやっぱりお得です。

ミエナ
高速バスは、〔和歌山バス〕を利用しました。3列シートなのですが、オプションが利用でき、+1,000円を支払うと窓際にしてくれます。窓際の席は、カーテンが付いており、閉めると個室みたいなるので、オススメです。

堺東駅から電車で高野山へ(乗車時間 / 約1時間30分)

大阪の堺東駅に翌朝6時に到着し、そこから和歌山県の高野山駅を目指します。12月だし、朝6時だし、すごく寒いっす。

知人から「高野山は、すごく寒いから真冬の服装が良いよ。」と言われ、ダウンジャケットを着て行ったのですが大正解でした。

高野山へは、「極楽橋」という駅からケーブルカーで行きます。「極楽橋」というパワーワードに胸が高鳴ります。(どんな橋だ。渡るだけで極楽?)

ミエナ
恐山に行ったときに通った橋の名は、三途川(さんずのかわ)にかかる「三途橋」です。高野山の「極楽橋」と比較すると、まさに真逆。天国と地獄のような言葉の対比を感じます。

高野山駅に到着。でも、また路線バスで移動(乗車時間 / 約10分)

極楽橋駅から高野山駅へはケーブルカーで移動。

ミエナ
通常は「わーい。ケーブルカー♪」と騒ぎたいのですが、アラフォーであることと、眠いこともあり、ケーブルカーに浮かれる余裕はございませんでした。

さて、「やっとこさ、着いた。」と思ったのは束の間です。

さらに、なんと、そこから路線バスで移動せねばならぬのです…さすが、天空の聖地。

そんなこんなで、12月の早朝のちょっと寂しい高野山駅をすぐさま、後にしました。

ミエナ
路線バスでは車内放送で高野山について解説してくれます。それによると、「実は高野山という名の山はありません。高野山とは、この辺り一帯の山上盆地の地名です。」とのことです。勉強になります。

波動の高いエリア

高野山は、ものすごく波動が高いです。当たり前と言えば当たり前なのですが、しかし、同じく霊山の恐山とは全く違います。

恐山は、ミエナの波動の計測方法で言うと±0に近い場所が多く、成仏できない霊が集まり、そこで浄化され、あの世に行く場所です。

比べて高野山は、同じ霊山でありながらも、仏教徒(密教徒)の修行の場であるため、背筋が伸びるような、またピリピリとした波動を感じるのです。

そのため、波動に敏感な私は、その高い波動に時折、気分が悪くなるのでした。(波動が高すぎて、無理に同調すると体に異変が起こる。)

しかしながら、高野山の中でも奥の院に行くと波動は、恐山に±0に近いです。高野山の中でも、奥の院はちょっと特殊な場所です。

早朝の金剛峯寺を満喫

路線バスでどこに降りるかで、高野山の楽しみ方は異なります。私は、「千手院橋」で降りて、大門に向けて歩きました。

「千手院橋」のバス停から、少し歩くと高野山の総本山である金剛峯寺(こんごうぶじ)があります。

<

普段は多くの観光客で賑わう金剛峯寺も営業開始の直後、8時30分では、人もまばらです。ラッキー♪

金剛峯寺の拝観料金は500円です。ここで500円をケチってはいけません。中には、美しい襖や中庭が、我々の目を楽しませてくれます。

※襖は、撮影禁止でした。残念。私は犬が描かれた襖が好き。

<

夏に見る中庭も良いけれど、凛と冷えた冬の朝に見るこの中庭は、寒さを忘れる美しさ。

さて、朝8時30分の金剛峯寺は、世界遺産と言えども、ちょっと中を見て歩くと周りには誰もいません。

300人くらい収容できそうな金剛峯寺にある大広間(休憩所)も私、1人…

いらっしゃるのは、一生懸命に準備をするスタッフの皆様のみ。

この大広間では、お茶と御茶菓子が振る舞われます。

寒いのでお茶が嬉しい。そして、このストーブが懐かしい…

この大広間を独り占め。これを贅沢と言って良いのか、それとも、虚しいと言うべきか…

うす暗い霊宝館でひとり。震え上がる…

高野山に行ったら、ぜひ行って欲しいのが、霊宝館です。

高野山・霊宝館の館内は純粋に館だけで構成されており、仏像や絵画が安置および展示されています。

館内はそれほど広くはありませんので、見学所要時間は人によりますが、1時間あれば充分に見学が可能です。

ただ、展示されるお宝に関しては「高野山中のレアな仏像や絵画」が不定期で入れ替わりますので、訪れる時期によって観ることができる仏像や絵画が異なります。

高野山-御朱

霊宝館の見所は、いっぱいあるのですが、私の一番はコレ!

弘法大師の像に触ることができる

霊宝館に入ると弘法大師の等身大に近い像があり、その像の右膝に触ることができます。

弘法大師の像は、とても高い波動を持っており、その波動を直接、手で受け取ることができます。

ここは、ちょっとした開運スポットと言えます。触った印象は、ここでは言いません。ぜひ、現地で触れてみてください。

さて、霊宝館は撮影禁止の展示物が多く、ここではご紹介できません。

簡単に言葉でご説明すると、多くの仏像に囲まれた部屋があり、また、巨大な曼陀羅も多く展示されていました。

霊宝館はやや薄暗いのですが、この朝9時にいたのは私だけでした。

シーンとした館内にBGMはなく、聞こえる音は、私の足音のみ。

薄暗い照明の中で、多くの仁王様の像に囲まれ、霊能者でも、それは恐怖。

受付には、若いお坊さんがおりますが、受付は建物が違うので、実質、館内には私ひとり。うん、これは貴重な体験…です

ミエナ
霊宝館の拝観料は600円です。

壇上伽藍(だんじょうがらん)に行くと背筋が伸びる

伽藍(がらん)とは「仏道の修行者が集って修行する清浄で閑静な場所」という意味です。上の赤い建物は「壇上伽藍」で弘法大師・空海が高野山を開山した際、真っ先に造営に取り組んだ場所で、奥之院とともに高野山の二大聖地の一つです。

ここは、とにかく波動が高い。昔から修行僧が熱心にお経を唱える姿が目に浮かびそうです。

高野山の入り口、大門。その横道を上ると…

高野山の入り口にそびえる大門。高さは25.1メートルだそうです。

大門の大きさに圧倒されつつも、なぜか大門の目の前にある温度計に目を奪われる私。

2度。寒いわけだ…

さて、高野山は見所はいっぱいある。

すべての建物、仏像、御地蔵さんが異なる魅力を醸し出していて、きっと何度行っても新しい発見がありそう。

でも、私は、自分だけの高野山を発見したいという、そんな気持ちにかられた。そんなこんなで、観光客が皆無な大門の脇にある登山口を登ることにしました。

ちょっとディープな高野山。この登山道を登ると、なんと素晴らしい景色が広がります。

天空の聖地の異名がようやく分かった気がします。

この登山道をさらに進むと「嶽弁天(だけべんてん)」があります。

ここで祀られている弁天様に、私は、この後、三重県熊野市で助けられるのです。この続きはまた、書きます。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション