良い霊と悪い霊の見分け方

今回は、「良い霊と悪い霊の見分け方」をテーマに記事を書いていきます。

霊には良い霊と悪い霊がいる

「見分けてどうすんだ」というご意見も聞こえてきそうですが、現在の風潮は、良い霊も悪い霊も「霊」として”一緒くた”にして、得体の知れないものとして捉えられています。

そのように私が思うのは、やはりホラー映画の影響で、悪い霊ばかりがフィーチャーされているからです。

人間に、良い人と悪い人がいるように霊も同じで、良い霊と悪い霊がいます。

目に見えない世界全体では、人間世界の比率よりも圧倒的に良い存在の方が多いです。なのでホラー映画で、悪い霊が異常に多いのは、真実と相反すると感じます。

良い霊、悪い霊の判別は一般の人には難しい

さておき、良い霊と悪い霊の判別方法ですが、一般の方には判別不可能でしょう。(ここまで進めておきながら、すみません)

しかしながら、事実です。

悪い霊は、神様の衣を羽織って人に取り憑き、良い霊は自分を「良い霊です」とは言って近づいてきません。

この辺りは、フィーリングで察するしかないのです。霊能者向けの記事ではないのですが、玄人的に言うと波動で分かります。高い波動であれば、良い霊もしくは神様と呼ばれる存在です。

反対に波動が低いのは、浮遊霊、悪霊、死神、悪魔です。

良い行いをしていると波動が上がりますので、波動の低い存在が近づくと、無意識でも違和感を感じます。

良い霊が近づくときは逆に喜びで涙が流れるときがあります。不思議瞬間ですが、悪霊にはできない技(?)と言えるでしょう。

最後に

最後になりますが、波動を常に高める努力をすれば、悪霊が来ても、すぐに分かります。逆に自分の波動が低いと悪霊に気付かないだけでなく、悪霊を神様と誤解します。

ですので、波動を上げる努力をしましょう。

参考記事:波動って何!?自分の波動を知る方法【診断ツール】

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション