人はなぜ自殺するのか?

こんにちは、ミエナです。

今回は、「人はなぜ自殺するのか?」について書いていきます。

人はなぜ自殺するのか?

自殺のニュースが飛び交う現代において、この問題の解明は急務と言えるのではないでしょうか?

この問題が21世紀になった現代でも解決されないのは、きっと「誰しも、自殺者と話すことができない」からでしょう。亡くなった理由を当人から聞くことが出来れば、心の解明もスムーズかも知れません。

そして、そのことは、自殺者を減らすだけでなく、生きる私たちの幸福に繋がるかも知れません。

でも、亡くなった理由を当人から聞くことはできない…

霊能者以外は…

そう。ただ、この世で唯一、霊能者は自殺で亡くなった人と話すことができます。私もその霊能者の一人です。

この記事では、心理学者や精神科医が束になっても、解決できない自殺の要因について詳しく書いていきます。

この記事は、とてもセンシティブな内容にも関わらず、かなり「常識」を逸脱しています。あくまでも、個人の意見として読んでくださいね。

自殺の本当の原因

一般に、自殺の理由(動機)は、下記であると言われます。(自殺対策白書 – 厚生労働省

  • 健康問題(うつ病)
  • 経済・生活問題
  • 勤務問題
  • 学校問題

果たして本当にそうなのでしょうか?

私が、このように思うのは、たとえば「病気」だったら、原因が判っていたら、大抵、その病気は治せるはずだからです。しかし、自殺の場合は、統計データがこれほどまでに蓄積されていながらも、年間2万人以上の方が亡くなっています。

この原因は、そもそもの上記の自殺動機の捉え方に誤りがあるからだと思っています。よって、私の中では、自殺の根本的な要因は、この社会においては、未だ解明されていないと思うのです。

数百万の借金により命を絶つ人。一方で、数億円の借金があるのに笑って生きる人

借金を苦に自殺する人がいます。

数百万円の借金により、生きることよりも死を選ぶ…これも、その人なりの1つの決断です。

しかしながら一方で、数億円の借金があるのに笑って生きる人もいます。金額だけ見ると、数億円の借金がある人の方が苦しいはずですよね。

学校のイジメも同様に、イジメを苦に自殺する子どもたちがいる中で、イジメをバネに生きる子どもがいます。

パワハラも同じです。パワハラにより自殺する人がいる一方で、パワハラ裁判をお越し、慰謝料を受け取る人もいます。

こうして見ていくと、一般的に自殺の要因とされる「うつ病、経済・生活問題、勤務問題、学校問題」は、本当の自殺要因として考えるには、一貫性がなく矛楯があるのです。

苦しい状況によって自殺してしまう人もいるけれど、一方で、自殺しない人も多く存在するからです。

このように「本当の自殺要因」は、現状、曖昧です。これでは、自殺撲滅のためにどんなアクションも起こしても、明確に成果が出せないのではないでしょうか。

ミエナ
例えば、「いじめがなくなれば自殺はなくなる」といった誤った認識を持つべきではないと思います。それは、問題解決を遅らせる要因にもなり得てしまうのです…

「自己否定」こそが自殺の本当の要因

自殺の原因は、自己否定です。

つまり、自殺の要因は、その人の借金でもなく、学校のイジメでもなく、パワハラでもありません。

人は、自分を肯定できなくなると自殺するのです。

そして、私は、自殺した人が、「自分を肯定できなくなった要因」は、イジメやパワハラ、借金でもないと考えています。

自分を肯定できなくした要因は「教育」にある。

このように私は考えます。

学校では「他者からの評価 = 自分の存在意義」

学校では、「人に評価される人間」こそが、素晴らしい人間とされます。

  • 成績が良い
  • 足が速い
  • 歌が上手い
  • 挨拶ができる
  • ルールを守る
  • 想像力がある

これらができる人は、学校で評価されます。

私たちは、自然と「他人に評価される人間になりましょう」という教育機関のメッセージを強く心に受け止めています。それは、無意識には、大人になっても同じだと思うのです。

「人に評価される人間」こそが、素晴らしい人間

このメッセージは、一見、正しいように感じられます。でも、重要な欠陥があるのです。それは、「自分で自分を褒める」ということに、関心が持たれないからです。

学校では、常に「他人からの評価が、自分の存在意義に直結している」という現状があるのです。

例えば、学校では下記に挙げた人は蔑(さげす)まれます。

  • 成績が悪い
  • 足が遅い
  • 歌が下手
  • 挨拶ができない
  • ルールを守れない
  • 想像力がない

上記の人間は、学校では、自己を否定されて、生きることとなるのです。

「自分で自分を愛する力」の重要性

学校では、「どれだけ他人から評価されるか」が価値基準になっています。その中には、「自分で自分を褒める」こと、つまり「自分で自分を愛する力」に対する教育機関における関心が欠落しています。

勉強して良い成績を獲ること、挨拶、ルールの遵守は、とても重要ですが、しかしながら、「自分で自分を愛する力」は、同等、またそれ以上に重要なのです。

「自分で自分を愛する力」は、単に自殺を防ぐ目的だけでなく、強いリーダーシップ、独創性、高いコミュニケーション能力を発揮する上で重要な力です。

実際に、「自分で自分を愛する力」を持つ人は、私のセッションで霊視する限り、経営者やリーダーに多く、波動が高い人も多いです。人生を豊かに暮らす根幹が「自分で自分を愛する」ことと直結しています。

褒められても嬉しくないのに、貶(けな)されると苦しい

Q.人に褒められた経験よりも、他人から否定されたことの方が、記憶として強く残っていませんか?

「他人に褒められても嬉しくない…」と思うのは、私だけでしょうか…ひねくれ者??

なぜなら、褒められても「ちょっと自分が照れるだけ…」ってこと多いですよね。「褒められても照れるだけ…」なのに対し、私は自分の存在を否定されると、すごく心が傷つきます。

大勢からいっぱい褒められる立場であるはずの芸能人やタレントなどは、ときに誹謗中傷により命を絶ち、自殺せずとも心ない批判に対し、堪えきれない人も多いです。

この点から見ても、この社会は「他人に褒められる = 評価される」ことに、誤って重きを置きすぎているのです。

それよりも、むしろ「存在を否定されることから、どうやって心を守るか」の方が、生きる力において重要なのではないでしょうか。そして、この心を守る方法こそ、「自分で自分を愛す」ことなのです。

「自分で自分を褒める」ことができれば、もう何も要らない

Q.女子マラソン選手の有森裕子さんをご存じでしょうか?

ご存じの方はきっと、30代半ば以上の方だと思います(私もです)。有森選手は、有名な言葉を残していますよね。

「初めて自分で自分を褒めたいと思います」

この言葉は、1996年のアトランタオリンピックで2大会連続のメダル獲得を達成した後、インタビューで語られたものです。

有森選手は、「誰かに褒められる」ことが嬉しいのではなく、「自分で自分を褒める」ことに価値があると、私たちに教えてくれました。(この言葉は、当時の流行語大賞を獲得しています。)

誰しも、この有森選手のような気持ちになったとき …「自分で自分を褒めたい」と真摯に願ったとき、きっと心は満たされ感無量になるはずです。

シンプルに、私たちは他人に褒められるよりも、自分で自分を褒めた方が嬉しいのです。そして、自分で自分を褒めることは、コツさえ掴めば誰でもできます。

でも、この「自分で自分を褒める」ことができず、自分を否定し続けた人が、自殺してしまうのです。ならば、教育の指針は、「他人に褒められるよりも、自分で自分を褒める」方にシフトすべきではないかと思うのです。

亡くなる前の自殺者は、誰にも救えない

自殺の原因は、イジメでも、パワハラでも、借金でもありません。それは、これまで述べてきたように、それらは、単に1つのきっかけに過ぎないのです。

学校からイジメが撲滅しても、自殺がなくならない…

会社からパワハラが消えても、自殺はなくならない…

それよりも、私たちは子どもの頃から「人からの評価を気にするのではなく、自分で自分を褒める」ことを価値基準として学ぶ方が、圧倒的に低コストで有益な対策なのです。

そして、自殺者のご遺族の方にお伝えしたいことがあります。「あのとき、○○すれば…死なずに済んだ」と思わないようにしていただきたい。

私は、「亡くなる前の自殺者を助けられる人はいない」と考えています。

それは、自殺の主原因が「自己否定」によるならば、他人が、亡くなる前の自殺者を励ましても無駄だからです。他人が励ましても、それは「自分で自分を愛す」ことにはならないのです。

「自分で自分を愛す」というのは、当事者以外の人が関われる問題ではなく、とてもパーソナルな問題です。

スピリチュアル的に「自分で自分を愛す」こと自体が、人間が持って生まれた試練の一つであり、この重要性に気付くことも、またそれぞれの人間が、神様によって求められていることなのです。

この「自分で自分を愛す」ということの重要性に、未だ多くの人間は気付いてはいません…

まずは、この問題に多くの人に気付いて頂けるよう、この記事が多くの人に読んでもらえることを切に願っています。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱