「この世に生まれてきたくなかった」と思うあなたへ

こんにちは、ミエナです。

今回は、「この世に生まれてきたくなかった」と思う人に対して、記事を書いていきます。

「この世に生まれてきたくなかった」と思う人へ

Q.「両親が、私を生んだのだから、仕方なく、私は、ここに存在する…」と考えたことは、ありませんか?

私は、結構、上記のように考えていましたね。

両親が、勝手に産むことで、自分は否応なく、厳しい人生を歩まされる…こんな不幸なことは、あり得ない…と

このように考えることは、一見、理屈に適っているようにも見えますし、実際に、海外では、子どもが親を訴える裁判も起きていますね。

「この世に生まれてきたくなかった」という心理

「生まれたくなかった」と考える人は、きっと親を憎んでいることでしょう。そして、自分の現状にも、不満があるはずです。

でも、そもそも「自分が生まれなければ…」という観点は、本当の問題からの逃げです。この誤った発想からは、何も生まれませんし、そのことは、ご自身の心の中でも明白だと思います。

では、本当の問題とは、何かというと…私は、大きく3つに集約できると思っています。

「本当の問題点」のありか

  1. 自分が、社会をどう捉えるか…(お金と対人関係の考え方)
  2. 自分が親をどう捉えるか…(親との関わり方と、その考え方)
  3. 自分自身と、どう向き合うか…(自分をどう評価するか)

上記の3点に、きっちりと向き合えていない状態で、「生まれたくなかった」と考えても、一向に幸せになりません。

反対に、この3点について、きちんと答えを持っていれば、どんなに厳しい状況に置かれようととも、誰しも、無条件に幸せになります。

そして、この3点を考える上で重要なのは、自分の人生のゴールです。

ミエナ
ご自身の「人生のゴールの導き方」は、ミエナの個人セッションで、みなさんにお伝えしています。

出生の秘密。スピリチュアル的な答えは1つ

「この世に生まれてきたくなかった」という心理は、上記の①〜③の答えが、明確でなかったり、「自分の本心や、自分の進むべき道とズレている」と起こります。

しかしながら、この心理は、人生における魂の成長過程の1つであり、自分が、殻を破って、新しい自分に生まれ変わろうとしている証拠とも言えます。

では、スピリチュアル的な「自分の出生に関する真実」は、何かと言いますと…

人は、自分の意志により、数ある両親から、今の両親を選択し、生まれています。

この真実は、「生まれたくなかった」という考えが、自分の心にあるときは、絶対に見えてきません。しかしながら、誰しもが、いつか必ず到達する真実とも言えるのです。

「自分が望んで、この世に生まれた」と思える日

現在、「生まれたくなかった」と考える人は、「自分の意志により、望んでこの世に生まれた」と考える日が、必ず訪れます。

今は、心に多少の「両親の甘え」が心の中に残っている状態とも言えます…

例えるならば…

小さい子どもが、「ギター買ってよ。お母さん!」と泣き叫び…結果…お母さんがギターを買ってあげたら、その恩を忘れて…子どもが「お母さんに無理矢理にギターやらされた(怒)」みたいなことを言っている状態…

上記のように例えると、如何に理不尽なことを言っている状態か、ちょっと分かりますよね。

しかしながら、先ほど、申し上げたように、この心理は、1つの成長過程であり、このように考えることが悪いとか、問題であるとは思いません。(私もそうでしたから…)

親は、自分にとって「神」!?

どんなに厳しい親でも、どんな酷い親でも、どんなろくでなしの親でも、私は、その人にとって親は「神」だと思います。

それは、この世に、あなた(自分という存在)を産みだし、魂を育むから…

両親は、当時、赤ちゃんである「あなた」を育てても一円にもならない…

あなたにご飯を与えても、自分のお腹がふくれるわけでもない…

でも、あなたを育てることで、両親は、心満たされる…

これって、「神」じゃないかなぁって思うのです。

「親 = 神」であると、たとえ思えなくとも、人は生きていけるし、そこそこ幸せになれます。でも、ここに気付くと、本当に、心が自由になるんですよ。

「親 = 神」であると思えることが、「親という1つの制約」からの離脱である

と私は思うのです。

「親 = 神」…こう思えるようになることで、そこでしか得られない幸せが、この世にはあると思います。だから、私は、ここでこんなブログを書くのです…

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱